toggle
2018-06-02

アキレス腱断裂⑩~保証人を誰にする?~

バレーボールで切れたアキレス腱を手術するため、
窓口で入院手続きをする私。


naya「お恥ずかしながら、
身元保証人が見つからなかったんですけど……」

 

昨日、病院から渡された『入院申込書』には、
身元保証人と連帯保証人の欄があって、
いずれも代筆不可で印鑑も必要。

でも、保証人と聞いて連想するのは借金。

現に入院申込書にも「入院患者が退院日当日に支払いが困難な場合、
入院患者に代わって身元保証人および連帯保証人が支払い致します。」
なんて、不穏な一文が書いてある。

 

こんなの気軽に「サインして~」

なんて言えないよ!?Σ(゚Д゚)

 

用紙には、「連帯保証人を省略する場合は、入院補償金を支払うことで、
連帯保証人を省略できます」とは書いてあるけど、
身元保証人まで見つからないとなると、どーすりゃいいの?

 

気分はまるで、不法入国者!?Σ(゚Д゚)

 

でも幸い、通常の入院補償金を支払うことでOKとなり、一安心。
8万円を支払って無事、入院となりました。
(この入院補償金はいったん病院に預け、
退院時に支払い総額から差し引かれる形となります)

 

●     ●     ●

 

入院する部屋へ、看護師さんに車イスで運ばれる最中、

 

看護師「入院の準備、自分でされたんですか?」

naya「はい、単身移住者ですから~」

看護師「ご家族は付き添いに来られるんですか?」

naya「いやまさか、来ませんよ~」

看護師「nayaさん……自立しすぎです」

naya「いや~」

 

でも確かに。

元カレに捨てられた後は、一人で楽しむことはおろか、
何もできないような気がしてたけど

なんだかんだ、人に迷惑かけてないとは言えないまでも、
たくましく生きてるよな。

 

それどころか手術も入院も、誰に相談するでもなく、
自分ひとりで決められることが心地よくもある。

 

元カレは私をダメな子扱いで甘やかしてくれてたけど、
なんだ、やればできんじゃん私。

 

 

 

 

 

関連記事

コメント4件

 わか | 2018.06.02 23:49

オイラは勝手に母親の名前書いたけど(笑)流石に連帯保証人はどうするかって話で『50,000円払っておくか』と思ったら同伴してくれた先輩がアッサリと署名してくれました(笑)

『だってわかちゃん、ちゃんと払うでしょ?』

先輩には一生頭が上がらないとその時思ったよε-(´∀`; )
そして今回の引っ越しも朝から晩まで手伝ってくれて、更にその日はお泊まりもさせてくれたからね!!←ネカフェに泊まるつもりだった(笑)

先輩が関西に遊びに来た時は全力でおもてなしするよ!!

 naya | 2018.06.03 7:57

わかの先輩、良い人だねー!
でも結局払うものなら、自分で大金管理しているより、
保証金として預けちゃう方が気が楽だよなって思った。
今後も色々と保証人をお願いしなきゃいけないシーンがあると思うと憂鬱。
できれば私はなりたくないし、人にもやらせたくないから
嫌なシステムだなー。

 わか | 2018.06.03 9:12

nayaちゃんの場合ならお姉さんと妹さんに頼むって方法もあったんじゃない?
『別世帯』である事が前提な訳だし『ちょっと名前貸してくれ』と言えばOKしてくれそうな人たちっぽいじゃん(笑)

少なくともウチの母親みたいに罵倒はしないでしょε-(´∀`; )

でもまあ確かにお金で解決するならそれに越した事は無いか。
オイラたちの年になると保証人になれる『身内』って限られてくる訳だしね。
今回の引っ越しでそれを痛感したよ。

 naya | 2018.06.06 13:00

わか、残念ながら(?)姉も妹もすでに苗字が変わってるんだよ。
それに入院決定から、実際の入院まで1日も無かったから
知人にも同僚にも頼めなかったしね。
でも、保証金でも全額前払いでも、まったく問題ないし
むしろその方がスッキリして都合がいい。

他人に借りを作るのは、やっぱちょっと怖い。
それこそ次はその人の借金の保証人を頼まれても、断りにくくなりそうな。
(わかの先輩がそうだという訳じゃないからね)

Comment





Comment



CAPTCHA