toggle
2010-06-30

夏の風物詩

というわりに、沖縄に住んでいるのに、あまり経験がないんです

……海辺のバーベキュー

 

今日は、本土から友達が来てたので、北名城ビーチで、楽しんできました。

01.バーベキュー 

彼ら、しょっちゅう沖縄に来ては豪遊…。以前は私もそうでした。
横浜で稼いで、沖縄で遊ぶ日々。

沖縄に住んだ今となっては、旅行離島も遠い夢

 

でも、帰っていく彼らを見送りながら
帰る場所沖縄である自分の幸せを、改めて噛み締めるのでした。

 

●     ●     ●

 

その後ひとり、浦添の雑貨店『シュシュ』さんへ。
nayaのカゴを委託していただいている、素敵すぎるお店です。

★ シュシュさんのブログでも紹介していただきました ★

 

今回の納品は『ベリー』

02.知念岬公園のベリー 

カゴを編み始めて二作目のデザインで
野いちごを摘みに行く」イメージで作りました。だから「ベリー」。

 

 

そして、『オリーブ』

03.名城海岸のオリーブ 

これは初めてお客様からのリクエストを受けて作った形で
気に入っていただけるかどうか、ドキドキしながら作ったのを覚えています。

小心者なので、二種類くらい試作品を用意していったものです。

 

シンプルでオーソドックスなな形ほど
黄金率のような絶対的な美しい比率というのがあると思います。

まだ見つけていないけど、いつかその比率に会えるかもと
思いながら作るのが、このオリーブを作る時のやりがいです。

もっともカゴらしい形だと思います。

 

 

それからお次は、新作の『バレンシア』

04.名城海岸のバレンシア 

パリのマルシェで、色鮮やかなオレンジが山盛りになっている…
そんな様子が思い浮かんだので、バレンシアオレンジから名を取りました。

でも、シュシュさんのご近所で『スナック バレンシア』いう
スナックを見つけて、ガックリ…

 

 

最後は、作っていてとても楽しい『きまぐれマルシェ』

05.名城海岸のきまぐれマルシェ 

向かって右をシュシュさんに
左を今度、小禄の雑貨屋
『ティーカラーズ』さんに納品する予定です。

 

もちろんイメージは、おしゃれなパリジェンヌのマルシェカゴ。
「きまぐれ」というだけあって、その時の気分でどんな形にしても良いルール。

だから作っていてとっても楽しいの。

 

街歩き用のカゴなので、できたカゴは実際に持っておもろまちや桜坂を歩いてみます。

ナチュラルなお洋服も素敵だけど、普通のおしゃれに素朴なカゴを合わせるのが
なんだか
パリっぽいんじゃないかと勝手に思い、私はずっと実践してみてますよ。

 

もちろん、おうちでマガジンラックにしても良いサイズだと思います。

 

●     ●     ●

 

手作りは目を留めてくれた人と話も弾むので、作って楽しい、使ってまた楽しい。
何度でも喜ばせてくれるすぐれものです。

 

いつか街ですれ違うまったく知らない人が
私のカゴを愛用してくれてるのに出くわしちゃうのが
ささやかな夢なんですよね。

 

 

 

=============================

chouchou(シュシュ)
住所 ● 沖縄県浦添市牧港1-8-1
TEL ● 098-874-6800
OPEN ● 12:00~18:00
CLOSE ● 水・木・祝日
(2015年10月現在)

=============================

T-Colors(ティーカラーズ)
BLOG ● http://tcolors829.ti-da.net/
※現在お店はお休み中ですが、年に数回
沖縄雑貨イベント『クラフト&雑貨フェスタ』を主宰されています。
ティーカラーズさんのブログをご参照ください。
(2015年10月現在)

 

 

 

 

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA