toggle
2015-11-11

最愛の父

浦添てだこ祭りでひとり、花火を見上げた時の家族の思い出
【光の夕涼み】(2010年7月20日投稿)をアップしました!

 

01.鎌倉①
帰郷のおり、父が連れて行ってくれた鎌倉のお寺。竹林の中で抹茶を頂きました。

 

 

この記事で余計な一言を言って私を落ち込ませてるのが、私の父。
5人家族の中で唯一の男性

 

本人は「女ばかりの家族の中で、お父さんひとり肩身が狭い!」
なんてよくネタにしてたけど、とんでもない!!

 

私たち三姉妹にとって、父は
ヒーローを通り越して、アイドル!(好きーッ!)

 

明るくて面白くて、賢くて頼りになる父は
いつだって私たちの自慢!!

カッコイイ、理想の男性像そのものだった。

 

02.鎌倉②
父は寂びた雰囲気のお寺が好きで、子供の頃からドライブがてらあちこち連れて行ってくれた。

 

 

行ってきますのチュウ。

 

おかえりなさいのチュウ。

 

おやすみなさいのチュウ。

 

愛してるよのチュウ。

 

 

 

父は、あの年代の人にしては珍しく
家族に愛情をストレートに示してくれた。

 

父のそんな態度から、私たちは
愛はそそげばそそぐほど、溢れて来るものだってことを教えられた。

 

叱るときには、まさしく「雷が落ちる!」の表現そのものだったけど
すぐにあっけらかんとして、後を引くこともなかった。

 

妻のことを女神のようにあがめ、家でもよそでも臆面もなく褒め称えた。

 

あまり優秀とは言えない娘たちのことも、どんな些細な成功にも感激し
大げさすぎるほど喜んでくれた。

 

 

愛してるよ~!」って、いつも叫んで抱きしめてくれた。

 

母も、私ら娘も、孫たちもみんな
この力強い抱擁と、ほっぺにチュウの洗礼を受けまくった。

 

 

 

まるで愛情の塊のような人。

 

 

 

こんな人は他にいない。

 

 

 

この人の娘に生まれてこられたことが
私の人生で一番の幸運だったかも。

 

03.鎌倉③

 

 

父の死から、今日でちょうど一年です。

 

 

 

 

 

関連記事

コメント4件

 うめこ | 2015.11.11 22:33

ポッキーだけではないよ。
靴下、豚まん、箸、もやし、たくあん、電池だそうです。

そうだったね~(;_;)合掌(∋_∈)
うめこあの時の衝撃は、nayaが想ってるよりあったんだよ!
10月と11月は命日と誕生日が多いんだ(;_;)
ん、今気付いたけど、前半命日、後半誕生日だわ!

 naya | 2015.11.12 20:53

うめこ、11/11豆知識?
ちなみにフェレットの記念日はいつでしょう?
答えは毎月1日、「つイタチ」だから♥

やっぱり季節の変わり目は、お年寄りや病人には堪えるよね。
それに父は気管支が弱かったから、乾燥する冬は辛かったと思う。
今は横浜の家で、孫たちに囲まれて楽しくしてるよ、きっと。

 うめこ | 2015.11.13 9:40

naya、老人病人だけではないよ。
うめこは毎年、春や秋から冬なる時期の寒暖の差に、夏は暑さと日差し肌をむしばまれ、老人と余り変わらない辛さが分かる女だ!
いつがベターシーズンなのか分からないのだよ。
だいぶ弱ってるのかなぁ~?

 naya | 2015.11.13 17:17

うめこ、それは良くない兆候なのでは!?
私は沖縄に移住してから、子どものように夏が楽しみになった。
もう、暑さとか関係なく、日が長くなって訳もなく楽しい♪
紫外線の強さが、景色の鮮やかさにつながって
ますます美しく輝く夏の沖縄から目が離せないよ!!

Comment





Comment



CAPTCHA