toggle
2010-06-28

ZAKKAの道はなかなかに厳しい②(南城市佐敷・ビーナチュラル)

 

 

カフェ 『ビーナチュラル』

 

 

南部に住む私の幸運は、この素敵なカフェが近くにあること。

 

ランチは¥1,500、ディナーは¥1,500 or ¥2,500~のおまかせコースで
いつも四季折々の食材を創意工夫で魅せてくれる目にも舌にも身体にも美味しい
カフェと呼ぶには、はばかられる程の本格イタリアン。

 

でも、あえて「カフェ」と呼びたい雰囲気があるの。

 

●     ●     ●

 

今日は奮発して¥2,500のディナーコース。
前菜は『お魚(サワラ)の軽いスモーク オレンジとシェリービネガーのソース』。

01.ビーナチュラル① 

ほらね! 綺麗でしょう!?
カフェと思ってきた客を、いい意味で裏切ってくれるこのセンス。

 

 

そして、お次は『県産かぼちゃとペンネのクリームパスタ』。

02.ビーナチュラル② 

これがメインじゃないところが、このカフェのすごいところ。
私たちを期待以上に満足させようって、シェフの気概が感じられる。

 

 

そしていよいよメインディッシュ『知念漁港直送 お魚のソテー 地元野菜和え』。

03.ビーナチュラル③ 

新鮮な魚とお野菜が綺麗にミルフィーユされているけど、これをササッとより分けて
一口ごとに色々な組み合わせで口に運ぶのが私のお気に入り。

これに、『本日のデザート』と『お好きなドリンク』が付くのが
¥1,500のコースで、ランチもこれと同じメニュー。

 

 

しかし、今回は大奮発
ニーゴーディナーコース!!

 

 

二皿目のお肉のメイン『県産豚肉のロースト ケッカソースで』。

04.ビーナチュラル④ 

これ、豚……ぶた?………ブタァ!?
フワッとやわらかくて、美味しくてビックリ!!

 

沖縄に来て、美味しい豚肉料理も色々食べたけど
それでもやっぱり幼い頃からの刷り込みで
「豚は牛より下」って思ってた。

 

でも、これって…… 、、フワッフワで……本当に???

 

肉の下にはポテト。

そのホクホク感と、たくさんのトマトの程よい甘みと酸味が香ばしい豚肉にピッタリで
さっき食べた魚のメインですでにおながいっぱいだったはずなのに
ペロリと平らげてしまいました。

 

 

そして、食後は『黒糖カプチーノ』。

05.ビーナチュラル⑤ 

選べるドリンクに制限がないのが、嬉しいところ。

 

 

さらに別腹のデザートは
ショーウィンドウで見た時から気になっていた『生レアチーズケーキ』。

06.ビーナチュラル⑥ 

レアってあたりで、すでに生なのに、あえて「生」と付けるだけあって
ほんとにですよ! このケーキ!

上にかかったドラゴンフルーツのソースが、甘すぎなくて大人味。

 

どれも繊細で複雑。なのに素直に「美味しい・・・」って、しみじみ感動できる。

 

あそこに行けば、ぜったい満足できるって場所があるって
とても大切なことだと思うのです。

 

●     ●     ●

 

そこで、今日のカゴのひとつをお見せしたら

07.ビーナチュラルのきまぐれマルシェ 
『きまぐれマルシェ』

こんな風に素敵に、さりげなく飾ってくれました。

08.ビーナチュラルのバジルとパンプキン 
『バジル』と『パンプキン』

 

 

カゴが喜んでる………!!

 

 

こんな風に喜ぶカゴの姿が見たくて、私は、カゴを編んでいるのかもしれないな。

 

これからは、もっとちゃんと委託に力を入れたいと思います。

私以上に、私のカゴの魅力を引き出してくれるのは
カゴを置いてくださってるカフェや、雑貨屋のオーナーさん達なんだもん。

 

 

(おわり)

==============================

BE NATYURAL(ビーナチュラル)
住所 ● 沖縄県南城市佐敷字佐敷488
TEL ● 098-947-6203
OPEN ● 11:30~20:30(ラストオーダー)
CLOSE ● 火・水(祝日は営業)
※研修のため長期休業有。ブログにてご確認ください。
(2015年10月現在)

 

■ ZAKKAの道は、なかなかに厳しい①
(第8回 クラフト&雑貨フェスタ)

■ ZAKKAの道は、なかなかに厳しい②
(ビーナチュラルで贅沢ディナー)

 

 

 

 

 

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA