toggle
2010-09-06

カフェの扉を開く理由(宜野湾市嘉数・オウチ)

ようこそ沖縄へ!!

01.古川さんと前山さん

先日、ウチの会社の大阪店に勤務している前山さんと古川さんが
研修で沖縄にやってきました!

 

あいにく台風が立て続けにやってきたとんでもない天候でしたが
元店長の淳さんが何日も前から「ウチの娘たちが来る~」と浮かれていたので
きっと大雨もなんのその! 素敵な沖縄観光ができたことと思います。

 

「美味しいもの食べてるかなー……」想像だけで、おなかグーグー。
がまんしきれず会社帰り、自宅とは正反対の方向へクルマを走らせました。

 

●     ●     ●

 

ここは宜野湾市・嘉数のカフェ『オウチ。』

02.オウチ① 

前々から一度来たいと思っていたものの奥まった場所にあったので
方向音痴な私にはたどり着けず、幻のカフェとなっていました。

 

そこをやっと見つけたのは、つい先日。

 

お昼時だった為、お店のある狭い路地には車があふれ、ドアを開けると満員御礼。
その日のランチは諦めましたが、お店の場所を心にしっかりと刻んで帰りました。

そして、今日は三度目の来店。

 

オーダーは『自家製ルウのじっくりひき肉カレー うりずん素揚げのせ』¥1,100。

03.オウチ② 

辛いのが苦手な人にもオススメのコクのあるミートソースのようなカレーに
沖縄食材うりずんの歯ごたえが合って本当にオリジナルな味。

 

そして付け合せのプレートが、なんとも贅沢!
『野菜のお惣菜3種と菜サラダ』。

04.オウチ③ 

ライスは『玄米』か『黒米入り白米』から選べます。

前回食べたハンバーグも化学調味料独特のトゲがなく

素材を生かしたやさしいお味で、とても美味しかった。
まるで京料理のような、そんなイメージ。

 

…と思ってたら、デザートでガツンッ!と裏切られました!!
『生チョコカカオのムース エスプレッソがけ』¥480。

このデザート、「スイーツ」なんて生易しいもんじゃない。
ビターで濃厚な、大人の味わい。

薫り高いエスプレッソと、カカオ(?)の歯ざわり。
チョコレートって、昔は媚薬と言われたのよね。
チョコの風味で酔っ払ってしまいそう……。

 

ドリンクは『タンザニアコーヒー』¥400。

05.オウチ④ 

器も県内で活躍されている作家さんの作品にこだわっていて
これに添えられた真鍮のティースプーンは

私も注目している彫金アーティスト・貴舎場 智子さんのもの。
女性で金属が扱えるなんて、なんだかカッコイイ!

 

●     ●     ●

 

この時読んでいたのは、『カフェの扉を開ける100の理由』
お店に置いている本の傾向も、カフェを好きになる要素のひとつ。

私は写真が綺麗で、文字のレイアウトが優雅な、カフェにまつわる本が好き。
本に出てくるお店と、今いるお店をリンクさせながら
世界中のカフェにトリップするのが至福のひとときなんです。

 

オウチ。には個室もあって、まったりちゃぶ台をかこんだり

06.オウチ⑤ 

ゆったりソファでくつろいだり

07.オウチ⑥ 

まるで自分のオウチにいるみたいに、のんびりできちゃいますよ。
人気のカフェも時間をずらせば、贅沢すぎる静寂の時を楽しめるのですね。

 

カフェってやっぱり、ただ空腹を満たすための場所じゃない。

 

心を満たして、リフレッシュした私たちをまた明日へ送り出してくれる
なくてはならない、大切な場所なのです。

08.オウチ⑦

 

 

 

=============================

CAFE+MORE オウチ。
※現在お店は閉店しております。本当に幻のカフェになってしまいました。
(2015年10月現在)

 

 

 

 

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA