toggle
2015-10-24

わが青春のオーチョ(首里松川・オチョリオス)

那覇市の金城ダムのそばにある、お気に入りのBAR『オチョリオス』

その立ち退きと、リニューアルオープン時の心情を描いた
【愛しのオーチョ!】(2010年7月5日投稿)をアップしました!

03.オチョリオス③ 

 

オーチョを初めて訪れたのは、11年前。

 

沖縄に移住したてのホヤホヤの頃、一目惚れしたイケメン
やっとこぎつけたファンミーティング(デートではない)の日に

よりにもよって県外から、友人たちが大挙して訪れた

 

「お母ちゃん、何時から合流できる?」(←メール)

 

ちっ、邪魔くせぇ

しょっちゅう入るメールにイライラ。
これじゃ落ち着いて、イケメンとのディナーも楽しめない。


仕方なく、しぶしぶイケメンに

「……悪いけど、この後
昔の友達と会うんで、そろそろお開きに……」

でも、やっぱり名残惜しくて

 

「良かったら、一緒に行かない?」

 

●     ●     ●

 

沖縄都市モノレール『ゆいれーる』で、仲間たちの待つ首里まで向かうあいだ
夜景を見下ろすイケメンの整った横顔に魅惚れつつ

彼をみんなに引き合わせることを、私は激しく後悔していた……!!

 

●     ●     ●

 

そうしてたどり着いたのが、当時首里城の龍譚池となりにあった
かつてのオチョリオスこと、通称オーチョ』。

 

1階はカウンターのみで、その日は2階の広い貸し切りスペースへ通された。

 

案の定、男連れで現れた私にみんなビックリ!!

 

「お、お、お、お母ちゃんが!
おお男と一緒におる!!??」

 

 

これだよ……!!

 

 

私は本格的に移住する2年前、プチ移住と称して
沖縄県糸満市にある『糸満自動車学校』の合宿で、車の免許を取った。


学生でにぎわう夏休みシーズンを避けたら、色々訳アリ
下は17才から上はアラフィフまで、個性豊かな面々がそろい


毎夜毎夜飲み明かし、語り明かしたあの経験が
今の私の人格形成の核をなしているといっても過言ではない。

……で、その時ついた私のあだ名

 

 

「ねーねー、お母ちゃんてばぁ!」

 

 

黙れっ!!∑(゚Д゚)∑(゚Д゚)

 

 

「お母……?」不思議そうなイケメン。

 

「nayaちゃんは、俺らの間では
『お母ちゃん』とか『寮長』って呼ばれてたんだよ」

サックス奏者の上さんが、余計な説明を始める。

「なんていうか………仕切ってたから

 

 

印象悪いわ!!∑(゚Д゚)

 

 

「nayaさんが…!あぐらをかかない!?」
正座の私に、驚愕するアラフィフ・ダンディ林さん。

「いつもは胡坐なんですか?」って、イケメンも聞くな!(怒)

「基本ヒザ頭は、INよりOUTだね」

 

ガニ股かっ!!??∑(゚Д゚)

 

 

 

「そんな女らしいお母ちゃんも…」

そうだケンスケ、可愛いだろ?

ゾ♥

 

死なすっ!!

 

 

 

「やっさんて言うんだ……、カッコイイね…」

ケイちゃん、惚れるなよ???

 

 

 

「nayaが! nayaが!!

あの『人を好きになったことがない』って
酔って泣いていたnayaが……っ!!」


あげく、酔っぱらってすっかり出来上がっているサワコめが
人の秘密をぶちまけ、ヒーヒー笑いよった!!∑(゚Д゚)

 

●     ●     ●

 

すっかり居心地が悪くなって、階下に逃れた私…。

 

1階ではお店の女の子が、ひとりカウンターを拭いていた。

 

「はじめまして、nayaです。
さっきはちゃんと挨拶もできなくて…」


「アイです、よろしく」

 

私の妹と同じ名前。
妹とはいえシッカリ者で、一番頼りになる末っ子。

 

「この店、アイちゃんが作ったの?」


「うん、作ったといっても居抜きの店舗で
ほとんどそろってたんだけど」

 

オチョリオスとは、愛ちゃんが京都に住んでいた頃に働いていた店の名で
たくさんの思い出が詰まっている、大切な名前なんだそう。

その頃の常連さんが、サックスの上さん
上さんの紹介で、今日この店が糸満自連同窓会の会場に選ばれたのだ。

 

「なんだかすごく落ち着く。良いお店だね」


「ありがとう」

 

 

 

それから色々、話をしたよ。

 

自連の仲間の前だと、粗野にふるまっちゃったり
イケメンの前では、挙動不審になる私だけど

初対面の愛ちゃんの前では、なぜだかすごく素直になれた。

 

 

愛ちゃんには、人の気持ちを柔らかくほぐす何かがある。

 

 

最高に面白くて、素晴らしく頭が切れるから
おなかがよじれるほど、笑わせてくれるし。

まだうら若い女の子なのに、腹が座っていて堂々としてるから
めんどくさい酔っ払いに、絡まれそうになっても
毅然とした態度で、割って入ってくれる。

 

そして何より、優しくて懐が海のように深い

 

●     ●     ●

 

あれから11年。

 

 

 

私は何度もなんどもオーチョに通い


彼女の前で泣き、笑い、秘密をたくさん打ち明けた。

 

たったひとり、寄る辺もない状態で始まった
私の沖縄移住生活が、こんなにも長く続いた裏には

 

 

オーチョとアイちゃんの存在が、大きな役割を担っている。

 

 

01.スパムおにぎり 
アイちゃんお手製、旨すぎるスパムおにぎり!!

 

 

 

=============================

cafe&bar OCHORIOS(オチョリオス)
住所 ● 沖縄県那覇市松川3-12-23
TEL ● 098-887-3229
OPEN ● 20:00~?
※AM2:00閉店かと思いきや、明け方頃までやってる日もあります。
CLOSE ● 毎週日曜
(2015年10月現在)

 

 

 

 

 

関連記事

コメント2件

 みずりぶぅ | 2015.10.25 6:37

こういう出会いだったんだ…
愛ちゃんってそうだね!

コメント書いてたら長くなってやめた(^^;;

 naya | 2015.10.25 22:25

みずりぶぅさん、その節はご馳走様でした!!
アイちゃんと私の馴れ初めばかりで、出番なくてごめんね。

次回は準主役だけど、アレな扱いでスマソ~(反省なし)

Comment





Comment



CAPTCHA