toggle
2010-07-11

絵画のような空間へ(今帰仁村仲尾次・誠平)

墨色の壁に、カゴに盛られたフルーツやアンティーク家具。
窓に縁取られた木立は、さながら絵画のようで…

 

『美ら海水族館』『今帰仁城跡』との狭間、観光名所の通過点として
通り過ぎるにはあまりに惜しい、アトリエカフェバー『誠平』

ここが本島北部「やんばる」ということを忘れるさせるほどの洗練された空間で
この為だけに来ても良いくらいに素敵な若いご夫婦が営むカフェなのです。

 

●     ●     ●

 

この日はうっかり、オープン前の掃除時に訪れてしまいました。

「すいません、すぐ帰ります。
でも少しだけ、ブログに載せる写真撮ってもいいですか?」


この不躾なお願いに、このカフェのオーナーは


「いいですよ、ちょうど一息入れようと思っていたところです」


と、丁寧に泡立てたクリームたっぷりの
とびきり美味しいアイス珈琲を淹れてくれました!

01.誠平① 

こちらを尋ねるのは、これで3回目。


一度目は、可愛らしい小さな奥さんが大きなおなかに、フウフウ言ってて
カゴが大好きで、飼っている犬がコレクションのカゴに入りたがって困る
という話を聞かせてくれました。

 

●     ●     ●

 

再び訪れたのは、そろそろ赤ちゃんも産まれたのではないかという頃。


案の定、産まれたばかりのちびちゃんに慌しくしている真っ最中で
ご主人にお祝いとしてユーカリのドライと新作のカゴを手渡して帰りました。


その時もたしか「琉球紅茶のチャイが、思ったより香りが出なかった」
と言って、ドリンクのお代を受け取ってもらえませんでした。

香りがないなんてとんでもない、もちろんとても美味しかったんですよ。

 

●     ●     ●

 

そして今回、元気になった奥さんと、掃除の手を止めさせてしまったご主人
さらに可愛い
ビーグル君にまで付き合わせてしまい
恐縮しながらティータイムへ突入しちゃいました。

02.誠平② 

誠平はお洒落なだけでなくお料理やドリンクにも定評があり
『沖縄レストランガイド』でも紹介されたほど。

03.誠平③ 

どこか蔵を思わせるお店の奥には
まさに蔵からの掘り出し物のような
雑貨スペースもあり
そこの静謐なおもむきは
「祖父の書斎」といったイメージ…


…と思っていたら誠平という店名自体
オーナーのお祖父さんのお名前ということでした。

04.誠平④ 

そして嬉しい話がひとつ。


沖縄では、こどもが生まれて100日目に「百日祝い」という
盛大なお祝いをするのですが、その時、友達からお祝いと称して
nayaのカゴをプレゼントされたというのです!

 

「それはまた・・・! マニアックな人がいるもんですねー!!」というと


「沖縄は狭いからね」
「集まるんですよ、そういうのが好きな人が」

 

カゴはこれから、私をどんな人達に導いてくれるのでしょうか……

 

 

 

=============================

atelier cafe bar 誠平(せいへい)
住所 ● 沖縄県今帰仁村仲尾次825
TEL ● 098-056-5565
OPEN ● 19:00~24:00
※現在はランチは休業中。
CLOSE ● 毎週木曜
(2015年10月現在)

 

 

 

 

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA