toggle
Blog

古道具目録006(戦前のビーカー)

 

ガラスは液体を入れて初めて、美しさの本領を発揮する。

 

 

那覇の骨董屋さん『20世紀ハイツ』
200年前のピューターと一緒に買ったのは

 

ぽってりと分厚いガラスでできた
洒落たビーカー。

 

 

グラスの半分の高さまでメモリが書かれていて
下から順に「2oz、4oz、6oz、8oz」と表示。

 

メモリの左側には「東京(朝日のマーク)ア」と
あるから日本製なのに、単位は「oz(オンス)」なのね。

 

 

完全な透明でなく、ほんのり黄色味がかった色合いで
気泡の閉じ込められたガラスは、なんとも味わい深い。

 

500mlの液体がちょうど収まりそうなサイズで
まさにビアグラスにピッタリですよΣ(゚Д゚)

 

 

 

片口とか、ビーカーとか
このツンとくちばしがとがった形が好き。

可愛くないですか!?

 

 

 

時空を超えて、はるばる私の手元まで
よくぞ割れずに辿り着いてくれました。

 

次は水でなく、お神酒をそそいでねぎらってあげましょうね~

 

 

 

 

 

=============================

20世紀ハイツ 那覇ギャラリー
住所 ● 沖縄県那覇市壺屋1丁目6-4
TEL ● 090-1369-0258
OPEN ● 9:30~16:00
CLOSE ● 水曜・日曜

20世紀に作られた素敵なモノをメインにテーブルウェア・コスチュームジュエリー・おもちゃ・雑貨・
和物骨董など、ジャンルにとらわれず、店主が素敵だなぁと思うモノをセレクトしています。
独自なルートで西欧北欧、アメリカなどから仕入れており、勿論お客さまからの買取もしています。
またお買取が不可能なモノでも、無料で引取れる場合もあります。建て替え・相続時など、
捨ててしまう前に一度拝見させてください!
世界中の技術、デザイン、ファッション、音楽、素材が常に新しく、
ピークでもあった20世紀に産まれたモノに新たな光を当てたいと思っています。(サイトより抜粋)
(2017年1月現在)

 

 

 

 

 

2017-02-11 | Blog

お財布ショルダーバッグをカスタマイズ?

 

ラベンダーサシェのお財布ショルダーバッグ

 

 

先日購入して以来、毎日の通勤はもちろん
どこに行くにも、これだけ下げて出かけています。

 

手ぶらって、ほんとラク~♪

 

とはいえ相変わらず、カゴもバッグも好きなので

そんな時はバッグインバッグ
大きめのお財布として、カゴにinして持ち歩きます。

 

とにかく鍵もカードも、必要なものは全部入ってるので
手放せないアイテムとなっていますね。

 

●     ●     ●

 

ところで、製作者のイシロさんには大変申し訳ないのですが
購入時、ファスナーについていた素敵なフリンジは

早々に我が家のウーマクー・ペッシにねぶられてしまいました。

 

 

・・・ので、代わりに『20世紀ハイツ』で買った
アンティークキーを蝋引き麻紐で装着。

 

 

鍵の穴に指を入れて開け閉めできるので、使い心地もグッド。

 

 

骨董好きの私らしさが出て、ますますお気に入りになりました。

 

 

ラベンダーサシェのブログに
私の答えたアンケートも掲載されています。

 

 

イシロヨウコのお財布ショルダーバッグ専門店
ラベンダーサシェ

「当初自分のファッションには合わないかもと思いました」
 お財布ショルダーご感想

 

 

イシロさん、素敵な作品をありがとうございました。

 

 

 

 

=============================

イシロヨウコのお財布ショルダーバッグ専門店 『ラベンダーサシェ』

公式HP ● https://www.lavendersachet.net/
BLOG ● http://ameblo.jp/lavendersachet/

お財布がバッグになって手ぶらでお出かけできる【お財布ショルダーバッグ】を考案しました。
「大切なものだけをコンパクトに斜めがけ」して、身軽なお出かけをお楽しみいただけます。
貴重品の心配をしなくていい解放感、両手が空く快適さは一度体験すると手放せないと好評です。

Lavender sachet(ラベンダーサシェ)は、2012年に創業した
 日本唯一のお財布ショルダーバッグ専門店です。(サイトより抜粋)
(2017年2月現在)

 

 

 

 

 

古道具目録005(ピューターの大皿)

 

ピューターとは、錫(すず)と鉛を主成分とした合金。

 

 

中世ヨーロッパでは「貧乏人の銀」とも呼ばれ、銀製品の代用として
庶民に愛用されていたものが、19世紀のアーツ・アンド・クラフツ運動により
工芸品として再評価を受けるようになりました。
(詳しくはこちら ⇒ ★★★)

 

●     ●     ●

 

佐敷のイタリアンカフェ『ビーナチュラル』で、フランス土産の
金属製の皿(今思えば、あれもピューターだったのかも)を見て以来

 

その黒々とした渋い趣や、どっしりとした重量感に憧れて
青絵の古伊万里や、大木からくり貫かれたこね鉢と共に

古道具のコレクションに加えたいと熱望していた逸品です。

 

 

この一枚は、直径が31cmと、かなりの大皿。

 

沖縄骨董のジェラルミン製食器と同じで、鋳物ってデコラティブなものも多いので
こうしたシンプルなものを見つけると、躍り上がってしまうほど嬉しくなるのです。

 

色とりどりのフルーツや、新鮮なサラダを盛り付けても良いし

母が数十年愛用していた、パイレックスのティーセットを無造作に置いて
「ドリンクはセルフでね」なんて、お客様を気楽にもてなすのにも良いかも。

 

 

乗せたもの全てを引き立てる、シックな色合い。

 

シンプルながら、存在感のある佇まい。

 


(裏返すと、ぷっくりとした可愛いフォルム)

 

まさにいぶし銀のごとき味わいの200年前に作られたこの皿は

那覇の浮島通りにあるアンティークショップ
『20世紀ハイツ 那覇ギャラリー』で購入しました。

 


18世紀後期から19世紀初め。
出所はドイツですが、ヨーロッパ各地を転々としてきたことででしょう。

いくつもの戦火をくぐり、多くの家族の食卓に上って
めぐりめぐって沖縄の我が家にやってきたんだね。

 


(2個押された裏印も、異国情緒あふれて素敵)

 

同日手に入れたもうひとつのお宝は、次回のブログでご紹介します。

 

 

 

=============================

20世紀ハイツ 那覇ギャラリー
住所 ● 沖縄県那覇市壺屋1丁目6-4
TEL ● 090-1369-0258
OPEN ● 9:30~16:00
CLOSE ● 水曜・日曜

20世紀に作られた素敵なモノをメインにテーブルウェア・コスチュームジュエリー・おもちゃ・雑貨・
和物骨董など、ジャンルにとらわれず、店主が素敵だなぁと思うモノをセレクトしています。
独自なルートで西欧北欧、アメリカなどから仕入れており、勿論お客さまからの買取もしています。
またお買取が不可能なモノでも、無料で引取れる場合もあります。建て替え・相続時など、
捨ててしまう前に一度拝見させてください!
世界中の技術、デザイン、ファッション、音楽、素材が常に新しく、
ピークでもあった20世紀に産まれたモノに新たな光を当てたいと思っています。(サイトより抜粋)
(2017年1月現在)

 

 

 

 

 

那覇で19世紀のお宝をゲットする(那覇市・20世紀ハイツ)

 

骨董好きは、病気の一種。

 

 

国際通りから延びる、浮島通りの一角。

絵本や器のセレクトショップなどが並ぶ
ハイセンスな一角にある

これまたお洒落な外観の、アンティークショップ。

 

ここはあの『オキナワマルクト』を主催した

 

 

『20世紀ハイツ』さんの 那覇ギャラリーです。

 

 

オープン前から、ブログで開業準備の様子を見てて
いつか行くぞ行くぞと思ってたのに

なぜだがタイミングが合わず
このたび、ようやく来店する事が出来ました!

 

 

正直、古道具と言っても幅広く
100年以上前の本物のアンティークや、それには満たないヴィンテージなど
色々ありますが、nayaの好みは

錆びた武骨な、いわゆるガラクタ。

 

一方20世紀ハイツさんは、勉強家のオーナーの集めた
由緒正しい(出所のはっきりした)骨董品が多いので

私が行っても冷やかしにしか
ならないんじゃないかって、ビビってたんです。

 


(たとえばこーんなゴージャスなティーセットや宝飾品!)

 

でも、ひとたびお店の扉を開いてみたら・・・!

 

 

そんな杞憂も、ふっとんだ!!Σ(゚Д゚)

 

 

私の好きな、詫びたさびれたガラクタや
リーズナブルな可愛い雑貨もたくさんあったよ!!

 


(こういうのが好みなのっ!)

 

「この鉄皿、カッコイイですね!」

と私が目を奪われたのは、シンプルな金属の大皿。

 


(上に乗ってるスプーンも大きいので、そう見えないかもしれないけど
直径31cmもある大きくて厚みのあるお皿です)

 

「鉄じゃなくて、錫(すず)製なんですよ。
ピューターって言って、今とても人気があります」

これはドイツから来た、200年前のものなんだって!
いろんな物語がつまってるんだろうなぁ~!

 

 

けっきょく本日は、この大皿と
あと2点をお買い上げ~¥¥¥

 

戦利品は明日のブログでアップします。

 

他にも気になるもの、いーっぱいあったけど
そういうのはあえて、ブログには載せません!!

 

 

次回、来店した時のお愉しみに
とっておくんだ~~~♪

 

 

京都の骨董市には行けなかったけど
那覇の骨董店で、アンティーク満喫できましたー!

 

 

 

=============================

20世紀ハイツ 那覇ギャラリー
住所 ● 沖縄県那覇市壺屋1丁目6-4
TEL ● 090-1369-0258
OPEN ● 9:30~16:00
CLOSE ● 水曜・日曜

20世紀に作られた素敵なモノをメインにテーブルウェア・コスチュームジュエリー・おもちゃ・雑貨・
和物骨董など、ジャンルにとらわれず、店主が素敵だなぁと思うモノをセレクトしています。
独自なルートで西欧北欧、アメリカなどから仕入れており、勿論お客さまからの買取もしています。
またお買取が不可能なモノでも、無料で引取れる場合もあります。建て替え・相続時など、
捨ててしまう前に一度拝見させてください!
世界中の技術、デザイン、ファッション、音楽、素材が常に新しく、
ピークでもあった20世紀に産まれたモノに新たな光を当てたいと思っています。(サイトより抜粋)

(2017年1月現在)

 

 

 

 

 

2017-01-25 | Blog

ラベンダーサシェのお財布ショルダーバッグ

大切なものだけコンパクトに斜め掛け

イシロヨウコさん
お財布ショルダーバッグが届きました!

 

 

このバッグ、おそらくイシロさんも
私の関西出張に間に合うようにと、急いでくれたのでしょう。

出発予定日の二日前には届いていました。

 

 

ほんとなら、本当だったら

このバッグを下げて
京都の町を歩いている予定だったのにー!!

 

 

出発直前に中止になった出張を悔やみつつ
泣く泣く箱を開けてみると

『Lavender sachet』とロゴの入ったラベンダー色の袋。

 

 

中から出てきたのは、しっとりした肌触りの
可愛くて上品なお財布ショルダーバッグ!

 

今月号の『天然生活』にも掲載された『サンドベージュ』です!
名前のイニシャルも刺繍してもらいました~💛

 

 

これって、カジュアルでもエレガンスでもイケルよね。
再来月の同僚の結婚式にも持ってける!!

 

 

イシロさんは写真もうまいので
サイトでも作品の良さは十分伝わってると思ってたけど

実物はそれ以上だぁ!!Σ(゚Д゚)

 

 

縫製の丁寧さ(特にファスナーの処理が!)
綿密に計算された使い勝手の良さに、どれだけ見続けても見飽きないよ。

 

 

小銭やお札の出し入れしやすさという、財布の基本機能はもちろんの事
カードホルダーにペンホルダー、ICカードのポケット(社員証入れた!)

鍵や印鑑、リップスティックなども入れられるポケットも付いて
スマホや通帳、ご祝儀袋も入るサイズなんだけど

 

肩から下げてみると、体にすっと馴染んで存在感を消す軽さ

 

 

機能が盛りだくさんでありながら
必要最小限までそぎ落とすという

 

 

試行錯誤が繰り返されたカタチなんだと、手にしてみて
改めて感動しました!!Σ(゚Д゚)

 

 

 

 

だけどこんなシンプルなデザインなのに
下げてると「可愛い」って、声かけられちゃうんだよね~❤
(え?私が?いやん❤)←違

 

 

 


(すっかり気分も晴れて、海辺でピクニックしちゃったよ~♪)

 

 

 

=============================

イシロヨウコのお財布ショルダーバッグ専門店 『ラベンダーサシェ』

公式HP ● https://www.lavendersachet.net/
BLOG ● http://ameblo.jp/lavendersachet/

お財布がバッグになって手ぶらでお出かけできる【お財布ショルダーバッグ】を考案しました。
「大切なものだけをコンパクトに斜めがけ」して、身軽なお出かけをお楽しみいただけます。
貴重品の心配をしなくていい解放感、両手が空く快適さは一度体験すると手放せないと好評です。

Lavender sachet(ラベンダーサシェ)は、2012年に創業した
 日本唯一のお財布ショルダーバッグ専門店です。(サイトより抜粋)
(2017年1月現在)

 

 

 

 

 

2017-01-23 | Blog

出張、なしになりました

 

それは会議での一コマ。

 

 

「出張は無しになりました」

 

 

「・・・は?・・・出張って、私の関西出張が?」

 

 

「無し」

 

 

「私の大阪出張と言う名の

京都旅行が?」

 

 

「なし」

 

 

「・・・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

はあぁあぁあ!?Σ(゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

ガックリ来ましたよ。そりゃもう。

 

 

 

PC研修用の資料作りも大変だったし

 

Facebookやこのブログでも、喜々として綴ってたし

 

知人にもお知らせしたし

 

常夏沖縄、まともな冬服持ってないから
裏起毛のボトムとか、ブーツとか買った後だったし

 

 

 

・・・・・・これって経費で・・・落ちるわけないか。

 

 

 

落胆する私に、総務さんが

「なんならnayaさん、この航空券買う?
休み取って旅行行っちゃえば?」

 

 

行くわけあるかーい!
そんな金がどこに!?Σ(゚Д゚)

 

 

 

会社の金で関西旅行・・・
昨年から、ずーっと計画立ててたのに・・・

 

 

 

「いいこと思いついた、nayaさん!」

 

 

「なんすか社長?」 ・・・悪い予感しかしない。

 

 

「大阪の百貨店に

営業行ってきなさーい」

 

 

 

ずこーっ!(おもわず昭和)

 

 



「なに言ってんですか、私が沖縄を
離れられるワケないじゃないっすか!

沖縄大好きだもん!!!」

 

 

ここまで涙目で沖縄愛を訴えたの、初めてかもしれん。。

 

 


(まぁ、これでペッシもお留守番を免れた訳だ・・・)

 

 

 

 

 

2017-01-20 | Blog

なんなら旅は手ぶらがイイ!

出張を兼ねた、骨董市めぐりに向けて
身軽な旅支度を追及するnaya。

 

しかし他の荷物を削れば削るだけ、普段は気にならない
財布の大きさが存在感を増していった。

以前、ツーリング用に極小財布を手作りしたことがあったけど
さすがに旅行にこのミニ財布では心もとない・・・

 

 

 

その時、はたと閃いたよ!!

 

 

 

 

今こそ、アレを・・・

 

 

 


あの神器を召還すべき
時なんじゃないの!?

 

 

 

手作り作家の憧れ!!

子育てママの救世主!!

手ぶらリストの友!!!

 

 

 

大切なものだけ斜めがけ

 

イシロヨウコさん


お財布ショルダーバッグ

だぁあっ!!!Σ(゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

2017-01-19 | Blog

旅の荷物は身軽が良い!

今月25日に関西方面への出張が決まった私。

 

表向きは研修だけど

個人的には翌日、有休とってまで行く予定の
北野天満宮の初天神の骨董市が目当て!

 

 

 

骨董の本場、京都だなんて
とっても高価で手が出ないかも・・・と思う反面

 

戦災もなく、古いものがいまだ息づく京の街。
逆にすっごくリーズナブルな可愛いものがいっぱいで

 

持ちきれないほど買い込んじゃう♪ ・・・なんていう
嬉しい誤算も十分ありえる。

 

 

 

服は下着と靴下だけ替えを用意して
あとは2日間同じの着てても、なんも問題なか!

 

スキンケア用品は、よっしーさんのブログを参考に
いつも使ってるパックと美容クリームを
1回使いきりの分量ずつ小分けにして、ラップに包み
ジップロップに入れる。

旅なれてないけど荷物は最小限にしたい人のためのラクな小細工

 

メイクもファンデーションだけで良いや。
ホイップファンデと日焼け止め乳液をこれまたラップで小分け。

 

とにかく、荷物は小さく小さく・・・

 

 

 

 

しかし、どんなに荷物を少なくしても
根本的な敗因が・・・・

 

 

 

ムダにデカイ

オレの財布!!Σ(゚Д゚)

 


(ほんとにオッサンの財布のよーだ・・・)

 

 

 

 

=============================

オモシロ消防訓練屋
BLOG ● http://mazu-jibu.com/

やってみる!にこだわったオモシロ消防訓練屋・イグジットの娯楽ブログ(サイトより抜粋)
(2017年1月現在)

 

 

 

 

 

2017-01-18 | Blog

京都旅行の獲物

1月24日に大阪出張が決まったnaya。
研修資料を作る傍ら、『旅のしおり』もせっせと作成。

 

研修を終えた翌25日

京都は北野天満宮で開かれる
大規模な骨董市に出かけるつもりなのだ!

 

 

 

帰りの便は午後2時。

とにかくタイトなスケジュールなので
食事は神社の露店でとることにする。

 

 

出張土産を探す時間も惜しいので
伊丹空港で買える人気のスイーツもチェック。

『宇治 中村藤吉本店』濃いめのチョコレート詰合せ
リーズナブルだし京都らしくていいかなぁ。

 

 

 

 

目当ての骨董だって、ただ漫然と歩き回るのは時間の無駄なので
古伊万里の青絵の蕎麦猪口に狙いを定めた。

 

伊万里焼は高級品だけど、フチがかけたようなのだったら
私でも手が出るのがあると思うんだ。

 

そしたら、いつかやりたいと思ってた
金継を習うきっかけになるかも。

 

 

 

それから、古ぼけた様子の良い
箱やトランクがあれば、めっけもん♪

 

 

 

と、夢は膨らむけど・・・

 

正直、京都の骨董って、なんだかとっても高価なイメージ。

 

 

 

 

 

もしも

 

 

 

 

 

万が一にも二にも、どれもがとんでもなく高価で
とてもじゃないけど変えないようなお値段だったら・・・

 

 

 

 

 

その時は、骨董市は「骨董鑑賞」と割り切って

 

自分への土産には、京の名品
煤竹の耳かきを買って帰ろうと思います。

 

『金高刃物老舗(かねたかはものろうほ)』
最高級本煤竹耳かきは、桐箱に入って1本で3780円!

 

古民家の囲炉裏で100年以上いぶされた煤竹(すすたけ)と呼ばれる
粘りのある竹で作った耳かきは、さじの部分が薄く削られていて

画像を見ただけでゾクゾクしちゃう私は
耳鼻科で「耳かき禁止」のドクターストップがかかる程の耳かき魔。

 

 

 

まだ見ぬ骨董への憧憬と、煤竹耳かきの悦楽を胸に
京都旅行に思いをはせるのでした。

 

 

 

 

 

2017-01-17 | Blog

初めての県外出張

 

昨年、Facebookで報告しましたが
今の会社に勤めて、初の県外出張が決定しました!

 


(浦添の『オハコルテ』にイーとインスペースが出来ました!
そちらで食べた、いろいろフルーツのタルトとヒラミーレモンケーキ)

 

 

場所は大阪。
直営店のスタッフさん達に、パソコン操作を教えるお仕事。

 

スケジュールはnayaの好きに決めていいよ
という事なので、1月24日に決めました!

 

 

 

なぜなら・・・

 

 

 

翌1月25日が、北野天満宮

大大大骨董市!!!

 

 

初天神

開催されるのだ!!Σ(゚Д゚)

 

 


総勢1000軒もの露店が立ち並び
京都の骨董店もたくさん出店してるって!

 

24日に大阪で研修して、その日は会社の抑えてくれたホテルで1泊。
翌日は有休とったので、始発で京都に移動して
初天神の人ごみに巻き込まれながらの、骨董市巡り!!

残念なことに、帰りの飛行機は午後2時なので
あまりゆっくり出来ないのですが
短い時間を有効活用できるよう、綿密に作戦を練ってます。

 

 


風情溢れる、神社の境内での骨董市。

 

 

初めて訪れる、憧れの京都の骨董市が
こんな大大大規模なものだなんて

 

大興奮ですよっ!!!

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 23