toggle
Blog
2018-04-13 | Blog

巻き爪矯正を体感せよ(豊見城市豊崎・ふらっとケア)

あなたは大丈夫?

 

糸満に出来たばかりの千ベロ『足立屋』
15年来の旧友・航治が連れて来たヒロシ君。

 

naya「ふんふん、35才? 2か月前に移住したばかり?
   今が一番楽しい時期だねぇ。で、仕事は何やってんの?」

ヒロシ君巻き爪矯正の専門店はじめました」

 

 

ま、まきづめーッ!?Σ(゚Д゚)

 

 

会社の同僚ジュンさんは、バイクで事故った時
骨が見えるほどの大ケガだったのに


(営業のジュンさん)

打ち付けた巻き爪が痛くて、のたうちまわっていたという…

 

かくいう私も、両足の親指が巻いていて
痛む日は憂鬱な気分になり、このままどんどん
悪化していくんじゃないかと、怯える日々を過ごしていたのだ。

 

 

 

でも、あれだよね、、
巻き爪直すのって、指を切ったり
爪に穴開けて、針金でひっぱったりするんでしょ?

 

ヒロシ君「ウチは専用のプレートを貼るだけですよ。
     しかも今なら、初回料金半額セール中!」

 

 

なぬーッ!?Σ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)

 

 

 

自宅近くに、痛くない怖くない
巻き爪矯正のお店が出来て

 

しかもセール中とか、マジか!?Σ(゚Д゚)
速攻で予約を入れて、数日後お店を訪れました。

 

 

●     ●     ●

 

 

豊見城市豊崎の『沖縄アウトレットモールあしびな~』
向かいの角にある『豊崎にじ公園』

その隣に建つ『レインボービル』は、その名の通り
壁に虹の絵が描かれていて、とってもわかりやすい建物。

 

ヒロシ君の巻き爪矯正専門店『ふらっとケア』は、その4階にありました。

 


(窓からは豊崎の海も見える好立地)

 

実はこの前日も、航治の店で飲んでたので
お互い朝がちょっとキツい…

 

 

オープン早々予約入れちゃって、ほんとゴメン!

 

 

ヒロシ君「靴下脱いで、ここに座ってください」

naya「・・・・・・・・・」

ヒロシ君「???」

naya「かかとの角質ガッサガサ
   恥ずかしいんですけど…」

ヒロシ君「大丈夫ですよ」

naya「汚い足の裏で、ほんと申し訳ない…」

ヒロシ君「砂だらけの足で来たお客さんも
     いたくらいですから、本当に
大丈夫です」

 

次来る時には、足拭きシート持ってこよう…

 

 

 

 

さて、気を取り直しリクライニング式の座り心地の良い椅子に身を沈め
ヒロシ君に足を預けると、施術が始まりました。
(以後、きったない足の写真が多発するので要注意!)

 

 

「巻き爪」でググると出て来る、恐ろしい画像の数々に比べたら
私の巻きなんて、まったくお話にならない程度なんだけど

 

それでも運動靴以外で外出すると、途中で歩けなくなる程には辛い爪。
何より、これが悪化して、ジュンさんみたいになるのはゴメンだ!

 

ヒロシ君「たしかに巻いてますね。
     この爪の角の部分の切り残しが刺さるから痛いんですよ」

 

先日爪切りしたばかりで、角なんてないかと思ってたのに
グイっと引っ掛けて出した爪の端には、わずかな出っ張りが。

 

(切り残しは分かりやすいよう、実物より大きく表現しました)

 

ヒロシ君「僕も足の親指が巻き爪で、
     指がパンパンに腫れ上がったんです。

     なんだろうと思って指をもんだら、爪と指の間から
     (うみ)が
ピュー!っと出て…

     ……膿んじゃってたんですね~」

 

naya「ひ~~~ッ!」

 

 

ヒロシ君「その時行った巻き爪矯正の店が、プレートを使った方法で
     それまでは自分も、指を切ったり、爪に穴開ける方法
     くらいしか知らなかったから

     これは良いのがあるな!?って思って調べたんです。

     僕はこの方法で自分の巻き爪を矯正して以来、再発して無いし
     資格を取って自分も始めようと思いました」

 

巻き爪矯正の手順は、クセが付きやすくなる程度にやすりがけして
(巻き爪になりやすいのは足の親指だから厚みがある為
 そのままだとクセをつけにくい)

 

 

爪の幅を測り、専用のプレートをその長さにカットして
専用の接着剤で、爪の表面に張り付けるというもの。

 

 

爪が伸びるにしたがって、プレートが上にズレて行ってしまうのと
プレートの耐久性の問題から、一カ月に一度の張り替えが必要。

巻き爪の程度にもよるけど
私くらいの巻き爪なら、後3回は通えば矯正できそう。

 

 

たっぷり1時間かけて、丁寧に施術され
最後にはガサガサかかとに、保湿クリームまでほどこされて終了!!

かたじけないッ!!Σ(゚Д゚)

 

 

仕上がりはとても綺麗!
遠目にはまったく分かりません。

 

 


naya「うゎあ!ありがとう~」

 


これで私の長年の悩み、将来の不安が解消されるのでしょうか!?
巻き爪矯正の経過は、追って紹介いたしまーす。

 

 

 

=============================

ふらっとケア ~全身もみほぐし&巻き爪矯正~

住所 ● 沖縄県豊見城市豊崎1-4-415 レインボービル4F
TEL ● 098-851-4554
OPEN ● 10:00~23:00(最終受付 22:00)
CLOSE ● 不定休

*電話予約優先となります。空き状況をお問い合わせの上
 ご希望の時間をお伝えください。
*予約なしでもご利用いただけますが、お待ちいただく場合がございます。(HPより抜粋)

(2018年4月現在)

 

 

 

 

 

絶品の海ぶどう丼!海辺のカフェ(糸満市真栄里・スリーピースカフェ)

友人が沖縄に来たら、いわゆる観光地めぐりも良いけれど
自分の住む町が、どんなに素敵な処かも知ってほしいじゃないですか。

 

(私が今まで食べた中で、一番おいしいと思った海ぶどう丼……正確には「海ぶどう中落ち丼」)

 

東京から来沖したワカが、我が町・糸満を訪れた時も

友、遠方より来る


彼女が長年切望していた『バーレイヘッズカフェ』
世界一美味しいタコライスを食べに連れて行ったのはモチロンのこと

嘆きのタコライス(糸満市西崎・バーレイヘッズカフェ)


もう一軒、最近近場に移転したばかりの素敵カフェに
連れて行きたいと思うのは、それはもう自然な流れでした。

 

●     ●     ●

 

「nayaちゃん、、、ま、まだぁ?」

 

風と大雨の中、傘はなんの意味もなさず
ずぶ濡れで歩く、オンナ二人。

 

「もうあと、ちょい・・・かな」

 

私のウォーキングコースでもある、糸満市潮崎にある
海沿いのこの道は、いつもなら清々しいことこの上なく

我が家からほんの3700歩ほどで着くはずの道のりが
この日はとてつもなく遠い・・・ッ!?

 

 

だけど…

 

「いらっしゃ~い」

 

苦労したかいあって、出迎えてくれたカフェは
疲れ切った私たちの心と体を、染み入るように癒してくれたのでした。

 

 

ここ『スリーピースカフェ』は
移住者のナナさんという女性が一人で切り盛りするお店。

 


(カフェ外観。海ぶどう農園の2階にあります。
ちなみにこの建物は海ぶどう農園のオーナーの奥様のお父さんの、なんと手作り!)

 

長年、糸満市西崎の住宅街で、地域の人々から愛される
女の子のお部屋的な、可愛いお店として繁盛していましたが

 

 

 

この浜辺の『海ぶどう農園』の2階に移転してからは

 

とびきりのデートスポットΣ(゚Д゚)

 


の見える絶景穴場カフェに大躍進してしまいました!!

 


(カフェから見た夕陽)

 

これはもう、ヘビロテしまくりです
(デートじゃないけどな!)

 

 

 

もちろん、ゆったり穏やかなナナさんの人柄もあり
老若男女問わずのおひとり様も多く

それぞれがのんびり居心地よく、極上の時間を過ごせる
本当におすすめのカフェなのです。

 

●     ●     ●

 

しかしこの店がおススメなのは
絶景・雰囲気だけではありません。

 

お食事は、ドリンク・デザート付きで800円~とリーズナブルで
しかもとっても美味しくて、ボリューム満点!

 

(この日の日替わり定食は、蒸し豚ナッツソースかけとグリル野菜の盛り合わせ。
ドリンク・デザートまでついて、これで800円!)

 

野菜もたくさんでヘルシーだし、彩りがきれいで見た目にも大満足!!

 


(ナナさんはパティシエ出身なので、実はケーキが真骨頂)

 

いつもお会計の時に、あれ?間違ってない?
と戸惑うくらい(内容の割に安すぎて)

コスパ最強のカフェなのです。

 

 

 

ちなみに

「沖縄に来たら、ぜったい海ぶどう丼が食べたい!」

と思ってる、そこのアナタ!
どこでも良いから…なんて、適当なお店に入らないで!Σ(゚Д゚)

 

私は是非この、スリーピースカフェで食べてほしい!

 

(メインはもちろんのこと、付け合わせや汁物もとても丁寧で美味しいのです)

 

糸満漁港で水揚げされたばかりの新鮮なマグロの中落ち
1階の『海ぶどう農園』で栽培された、プリップリの最高の海ぶどう

あなたを虜にすること間違いなし!!

 

県内各地で海ぶどう丼を食べ歩いたnayaが断言します。

 

しかもこの宝石のような海ぶどう丼に
最高のドルチェと、美しい海がついて来るんだもん。

 

 

ここで食べずして

どこで食べる!?Σ(゚Д゚)

 

 

 

海ぶどう丼スリーピースカフェ

タコライスバーレイヘッズカフェ

これ、鉄則です!

 

 

 

 

=============================

3PEACE CAFE(スリーピースカフェ)

住所 ● 沖縄県糸満市前里1934-1 海ぶどう農園 2階
TEL ● 098-994-0014
OPEN ● 11:30~日没まで
CLOSE ● 日曜日・月曜日
(2018年3月現在)

=============================

Burleugh Heads Cafe(バーレイヘッズカフェ)

住所 ● 沖縄県糸満市西崎2-37-1
TEL ● 070-5519-9650
OPEN ● 11:30~15:00(ランチ)、15:00~18:00(クローズ)、18:00~22:00(ディナー)
CLOSE ● 火曜日
(2018年3月現在)

 

 

 

 

 

2018-03-08 | Blog, 作るのが好き!

スマホカバーを手作り

ついに私も、時流に屈して
ガラケーからスマホに替えてしまいました!

 

(スマホカバーに求めるものは、薄くて軽くて丈夫なことと、他に誰も持っていないこと)

 

く…、くやしい……ッ

 

でも、ガラケー続けるより
月々の使用料が安かったんだもん。

本体は溜まってたポイントで買えました~♪

 

 

 

……で、

 

スマホ初心者には、画面むき出し状態が
どうにも心もとないので

さっそくスマホカバー(手帳型)を購入しようとした所…

 

 

な…、無いッ!Σ(゚Д゚)

 

 

え?え?え?

 

スマホって、豊富なアクセサリー
魅力のひとつなんじゃないの!?Σ(゚Д゚)

 

 

電気屋さんにも、ヴィレッジヴァンガードにも
たくさん並んでるオシャレなスマホカバーは
どれもiPhone専用。

 

一方、私が買ったのはQua phone。キュア?プリキュア?

 

auショップ2軒まわっても、見つかったのは透明のケースと
チープ(でもいいお値段)な合皮のカバーが1つのみ。

 

 

 

これはやはり…ッ

 

 

クラフタ自称するなら、自分で作れ」という


神のおぼしめし!?Σ(゚Д゚)

 

●     ●     ●

 

そして、出来上がったのがこちら!

 

(おもてがわ)

 

手芸屋さんで、ずっと気になっていた
可愛いアニマル柄のコットン生地を使い

 

(うらがわ)

 

フランスの伝統技法・カルトナージュの要領で作った
オリジナルのスマホカバー。

 

(柄合わせにもこだわりました。梟谷推しなので、可愛いフクロウさんが嬉しい♡)

 

イシロヨウコさんのお財布ショルダーバッグに入れるから
極力薄く、シンプルに。

 

でも、雨に濡れたり落とした時のことも考えて
芯は紙でなく、プラスチックの板なので丈夫です。


(芯にはプラスチックの下敷きを使用しました)

 


手前味噌ですが、むっちゃ使いやすくて気に入ってます。
生地違いで、もう一つ作ってみようかな~

 

 

…って、その前にスマホ操作

覚えろっつーの!Σ(゚Д゚)

(極度の機械音痴……だから嫌だったのに…)

 

 

 

 

 

2018-02-10 | Blog

三本足の猫(首里松川・オチョリオス)

昨夜は休日前なので、久しぶりに
大好きな首里のカフェバー『オチョリオス』に行きました。

 

 

昔は、月イチで行けてたんだけど
クルマが無くなってからは、どうにも足が遠のいて・・・
(糸満からだと、行きも帰りもタクシーだから・・・)

 

でも、ここに来ると必ず店主の愛ちゃんが
よそ者の私を温かく迎えてくれる。
そんな、かけがえのない場所なのです。

 

 

・・・が、、

 

 

「実は1月で、店閉めようと思っててん」

 

 

はぁっ!?Σ(゚Д゚)

 

 

いつも変わらずここにある・・・なんて
ホッとしてた矢先の、愛ちゃんのセリフにビックリ!

 

女の子一人で自分のお店を切り盛りするなんて
どれだけ大変かしれないけど、そんなそぶりも見せず
いつもゆったり楽し気に、私らお客を迎えてくれる愛ちゃんだけど

最近、気持ちがポッキリ折れる出来事があったらしい。

 

「この場所に移転して8年、まったく変わらない毎日を
ただ繰り返してるだけみたいな気がして・・・」

 

 

わかる!!。・゚゚・(>Д<)・゚゚・。

 


愛ちゃんそれね、私もむっちゃワカル!!
もうね、ブランコに乗ってるような気分なの。

 

「まだ大丈夫、まだいける」って思う時と
「もーだめだ・・・」と思う気持ちが、行ったり来たりする。

 

もーダメ・・って、後ろにグーンと下がってる時に
ダメ押しされるようなことが起こると

なんか、もう、手を放してしまうのが
一番いいような気がしてしまうのね。

 

 

 

ここ数年で、『ティーカラーズ』や『スプーン』
『31デイリーベーグル』や『イルピボン』など
大好きなお店がいくつも閉店してしまった。

 

もしもオーチョが無くなったら
愛ちゃんには会うことも、難しくなってしまうだろう。

 

 

 

やめてほしくないよ、やだ絶対・・・

 

 

 

でも、ただもう
「ワカル・・・」としか言えなかった。

 

 

 

 

 

 

 

「でもね」と、愛ちゃん。

 

 

「そんな風に落ち込んでる時

私の前を、三本足の猫が横切ったの」

 

 

ぬ、ぬこ・・・?(=・ω・=)

 

 

「足が一本無くてね、それでもこうして

逞しく生きてるんだなって思ったら

 

私もなんとかなるか~て」

 

 

 

ぬぬぬ、ぬこーΣ(TДT )

 

グッジョブ!!!

 

●     ●     ●

 

愛ちゃんの人生だもん、愛ちゃんが好きにして良い。

 

お店がしんどくなったら辞めたっていい。

 

 

オーチョを大切に思ってる人は、たくさんいるけど
愛ちゃんの幸せと天秤にかけたら

それは、ずっとずっと軽いものだよ。

 

 

私の勝手な期待や希望を、押し付けたらいかん。

 

バイタリティーの塊みたいな愛ちゃんは
きっと何をやったって、ひとかどの人になれる筈だから。

 

 

 

 

だけど帰り際にやっぱり言ってしまった。

 

「今日もオーチョがあって良かった」

 

愛ちゃんごめん!

そして、いつもいつもありがとう。

 

 

 

=============================

cafe&bar OCHORIOS(オチョリオス)
住所 ● 沖縄県那覇市松川3-12-23
TEL ● 098-887-3229
OPEN ● 20:00~?
※AM2:00閉店かと思いきや、明け方頃までやってる日もあります。
CLOSE ● 毎週日曜
(2018年2月現在)

 

 

 

 

 

2018-02-09 | Blog, 作るのが好き!

目覚めよ!クラフター魂

10年ぶりに会った友人のワカ

いつの間にかすっかり天然石マニアになっていたので

 

那覇市をブラブラしつつも
自然と目はブティックのアクセサリーへ・・・

キラキラ輝くジュエリーに囲まれて、自分に似合うか鏡に映すでもなく

「なるほど、コレはこうなってるのか」
「でもこれ強度はどうなの?」
「ああそうだよね、この価格なら石の数はこれが限度だよね」

クラフタークラスの会話は、女子力とは程遠い。

 

こういう時、素敵なジュエリーを見れば見るほど

「欲しいね」じゃなくて「作りたいね」になってしまう私達。

既製品じゃ我慢できなくなって、天然石の卸の店へ突入!!

 

 

そして入手したのは、量り売りの大粒アクアマリンと
桜の花びらみたいに上品な薄ピンク色のローズクォーツ。

 

 

久しぶりに会ったというのに、ガールズトークに花咲かせるより

二人して無言で石を探し、購入後は気もそぞろで
脳内でアクセサリーのデザインを妄想してる、この状況こそ

 

 

友よ!!!

 

 

 

・・・・と心底思いました。

 

●     ●     ●

 

後日、家で作ったアクセサリーは
ブレスレットとピアス。

 

 

ローズクォーツを贅沢にあしらった
ブレスレットは、一番欲しかったもの。

ゴールド金具だと女子度強すぎなので
パキッとしたシルバー金具でまとめたら、スッキリした印象に。

その日の気分で、淡水パールとシトリンのブレスと重ね付けすれば
エレガントで華やかな感じに変わります。

 

おそろいで、ゆれるピアスも作ったよ。

 

 

 

そして誕生石のアクアマリンで作った、一粒ネックレス。

 

 

ボールチェーンでカジュアルに
スポーティーなデザインにしてみました。

コイン型のシルバーチャームを、ローズクォーツのブレスレットと
そろえたので、石が違っても統一感があるんじゃないかな。

 

 

ローズクォーツのネックレスは、チェーンと同じくらい
自然にしなやかに身体に沿うようにしたかったので

試行錯誤してテグスと潰し玉を使いました。
販売するなら強度が心配だけど、自分で使う分には良いよね。

 

 

余った石はリングに。

ワイヤーアートの動画をいくら見ても作り方がよくわかんなくて
結局、自己流でグルグルまいたら出来ました。

素朴で好みだから、いいか。
アクアマリンのランダムな形が武骨でイイネ。

 

 

 

 

こうして久しぶりにクラフター魂に火のついた
旧友との再会でしたが

アクセサリー熱が再炎したのが災い・・・・・・

 

手持ちのパールのネックレスをばらしてしまいたい
衝動に駆られる、今日この頃です。

 

 

 

 

 

友、遠方より来る

先日、東京から友人のワカが遊びに来ました。

 

メールやこのブログのコメント欄では
いつもやりとりしてるから、ちっとも久しぶりではないんだけど

 

実際に会うのは、かれこれ10年ぶり!?Σ(゚Д゚)

 

那覇のジュンク堂の待ち合わせ場所で
野良ネコと戯れてるワカを見ても・・・

 

 

「ワカ・・・だよね? ワカで合ってる???」

と、なかなか声をかけられずにいたよ。。

 

●     ●     ●

 

ワカとは、当ブログでお馴染みの
『バーレイヘッズカフェ』で世界一のタコライスを食べたり

 

海が見える素敵な場所に移転した『スリーピースカフェ』で
フレッシュな海ぶどうとマグロの中落ち丼を食べたり

 

(このプチプチがクセになる「海ぶどう」は改装の一種。このカフェが入っている建物は
『海ぶどう農園』なので、日本一新鮮な海ぶどう丼! 糸満漁港で水揚げされたマグロとの相性抜群💛)

 

定番の沖縄そばや、ぜんざいはモチロンのこと

 

ステーキ食べたり、千ベロで牛タン寿司食べたり

 

オハコルテベーカリーと、オハコルテをハシゴしたりして

 

とにかく、喰って喰って

 

喰いまくったよー!!!Σ(゚Д゚)

 

ワカに便乗して、市場ややちむん通りで買い物しまくったり

すーっかり気分は観光客♪

 

●     ●     ●

 

久しぶりに沖縄漫喫して、財布もゆるみまくった私は
禁断の天然石ゾーンに突入~

 

数年前、天然石のブレスレット作りにハマり
破産しそうになったのも忘れて

ワカと一緒になって、卸の店でウットリ~

 

大粒のアクアマリンお買い上げ~

 

ボタンカットのローズクォーツ、連でお買い上げ~

 

あっという間に〇千円が羽ばたいて、後で血の気が引いたさ……

 

 

これで何が出来たかは、次回のブログでご紹介します。

お財布は痛手を負ったけど
アクセサリー作りはやっぱり楽しいし
趣味の合う友人とショッピングは楽し~い♪

 

 

 

 

 

チューイチョーク株式会社の会社説明会

今、沖縄で有名なタルト屋さんの
会社説明会に行ってきたよ!!

(「沖縄にあったらいいな」をカタチにする、チューイチョーク社の会社概要。ぶあつ…っ!)

 

 

……と言っても、転職を考えている訳ではなく
『オハコルテ』ってお店のセンスや世界観が大好きで

 

先日、お店にお茶しに寄ったら
「会社説明会やります」ってチラシを見たから来てみたの。

無料だったし。

 

 

そしたら、会場では
美味しい珈琲とサンドイッチを振る舞われて

 

ワクワクするような、町づくりの計画を聞かされて

 

みんなでワイワイ言いながら、ミニチュア使って

理想の町を作るワークショップもしたりして

 

 

すっごく楽しかった~!!!

 

 

 

父が亡くなって以来、虚無感がつねにあって
あまり本気で楽しめなくなっていたけど

今日は沖縄に初めて来た時のようにワクワクしたよー!!

 

●     ●     ●

 

チョーイチョーク株式会社は、県外から来た若いご夫婦が
港川の小さな外人住宅を改装した『オハコ』という
内装業 + 雑貨屋さんに始まり

 

こだわりのタルトが並ぶタルト専門店『オハコルテ』となり

 

いつ行っても満員御礼のベーカリー
絶妙な品ぞろえのホームセンターへと
どんどん拡張・成長していく謎の企業。

 

オキナワン・ドリームを体現し続けている
クリエイティブ集団です。

 

 

 

彼らが目指すは、理想の町づくり!

 

 

 

私も住みたい!!Σ(゚Д゚)

 

 

 

この計画、

一枚噛みたい!!!Σ(゚Д゚)

 

 

 

「今の仕事を即辞めて転職って訳にはいきませんけど
人材登録できませんか!?」

 

例えば、私の売りってナニ?

カゴを作ること?それもあるけど
ホテルやコールセンターで培った、接客やトークスキル。
ウンザリするほど繰り返した新人教育や、マニュアル作成だって
特技と言ってもいいんじゃない?

 

こんな風に、自分は何が出来るって登録しておいて
何か始める時に合う人材にお呼びがかかったり

登録した人も、チューイチョークのFacebook等をチェックして
この企画にかかわりたいって時には、積極的に挙手するような仕組み

素敵!(>д<)

 

●     ●     ●

 

真に豊かで、クリエイティブな
チューイチョークの目指す町づくり。

 

 

沖縄らしい町並みが、どんどん画一的な景色に作り替えられていく昨今

私達の大好きなオハコルテ発の新しい町は
ただもう、夢と希望に輝いてます!

 

(いただいたサンドイッチは、家に帰ってから食べました。ご馳走様でした~)

 

 

次の説明会は、来年2月を予定しているそうですよ。
みなさんもぜひ訪れてみては。

 

 

 

=============================

チューイチョーク株式会社

公式HP ● https://www.lavendersachet.net/

チューイチョーク株式会社は、フルーツタルトの専門店『オハコルテ』と
『オハコルテベーカリー』、家具製作・内装業の『チューイチョークリビング』を
運営する会社です。これからも「町をつくる」という夢の実現に向けて、
「沖縄にあったらいいな」をカタチにしていきます。(会社概要より抜粋)

(2017年12月現在)

 

 

 

 

 

2017-12-01 | Blog, 作るのが好き!

お財布ショルダーバッグをイメチェン!

1月からラベンダーサシェさんの
お財布ショルダーバッグを愛用している私。

 

 

上質なリネンを使ったシンプルなこのバッグが登場した時は
「これだ!」と思って購入したのですが

さすがに一年、毎日ヘビロテで使っていると
少々ヨゴレが目立ってきた・・・

 

 

そしてある日

ウッカリ蛍光ペンで、シミを付けてしまったのをきっかけに

 


思い切って、染色に挑戦することにしました!!

 


(と言っても、黒に染めるだけなので、染色剤なんてなんでも良かったのですが
お気に入りのバッグなので、パッケージに引かれてこの薬剤を購入)

 

染色剤と定着剤を溶いたお湯に
バッグを漬け込み、じっくり染付け

服に色移りしたら嫌なので
洗濯機で洗い、脱水はせず、そのまま干して乾燥。

 

 

完成です!!

 

 

しっかり縫製されているので、型崩れする事もなく
逆に洗いざらしのリネンの、くったりした風合いが出て良い感じです。

 

ただし、ラベンダーサシェさんでは洗濯機洗いは推奨していませんので
染色や洗濯は自己責任でお願いします。
クリーニングのアフターサービスもあるそうです)

 

 

黒地に黒の刺繍が、なかなかシック。
大満足の仕上がりとなりました~!!

 

 

 

=============================

イシロヨウコのお財布ショルダーバッグ専門店 『ラベンダーサシェ』

公式HP ● https://www.lavendersachet.net/
BLOG ● http://ameblo.jp/lavendersachet/

お財布がバッグになって手ぶらでお出かけできる【お財布ショルダーバッグ】を考案しました。
「大切なものだけをコンパクトに斜めがけ」して、身軽なお出かけをお楽しみいただけます。
貴重品の心配をしなくていい解放感、両手が空く快適さは一度体験すると手放せないと好評です。

Lavender sachet(ラベンダーサシェ)は、2012年に創業した
 日本唯一のお財布ショルダーバッグ専門店です。(サイトより抜粋)
(2017年12月現在)

 

 

 

 

 

2017-11-19 | Blog

迷子の猫ちゃん見つかりました!

今朝、出勤前に急ぎで投稿した
ご近所猫の「わたつみちゃん」

無事、おうちに戻ってこられたそうです!!!
(元記事は個人情報が書かれているため削除しました)

 

良かったー!!

 


(画像は我が家で捕獲された、ウーマクー・ペッシで代用)

 

 

わたつみちゃんの写真や、詳しい特徴とともに書かれていた言葉

 

「ニャオよりフウフウとなきます。
甘えたで寂しがりの優しい子です。
人懐っこくて知らない人にも寄っていっているかもしれません。

食いしん坊でお腹すかせているはずです。
帰って来ない日から雨が降っています。
遠出して家が分からないのかもしれません。

6にゃん兄弟の長男です。
弟たちが待っています。」

 

愛があふれてて泣ける・・・

 

昨年、我が家のペッシが居なくなった時のことを思い出しました。

ペッシを探しています!

 

 

 

いやはや、本当に良かった・・・・・・!!!

 

 

 

すべての迷い子が、温かい我が家へ帰れますように。

 

 

 

 

 

 

アンダーカレントでボサノバに酔う(那覇市久茂地・アンダーカレント)

ステージ上の人と目が合って

 

「あ」

 

って顔をされて、ビックリ!!

 

だってまさか、覚えてるとは思わないじゃない。
実に10年ぶりくらいの再会だったから。

 

 

「覚えてるよ、離島でサトウキビ刈りしてた
 nayaちゃんだよね」

 

ここは那覇市のライブミュージックバー『アンダーカレント』

ライブチャージ1000円で、何度もジャズやボサノバのステージが楽しめる
落ち着いた、大人な雰囲気のライブハウスです。

 

お店のオーナーでギタリストのタカオさんと
初めて会ったのは、もうかれこれ15年前、2002年の3月。

 

 

東京で夢破れて地元に戻り、ニート寸前のろくでなしだった私が
一念発起して、沖縄の離島のサトウキビ刈りボランティアに参加!

笑いあり涙ありの3ヶ月を終え、仲間たちに見送られた
帰りの旅の途中の出来事・・・

 

 

 

人恋しさで立ち寄った、『アンダーカレント』の前身『グレイス』で
その時お客は私、たった一人。

 

私だけの為に始まった、タカオさんとワカヤンの
ギターとボーカルだけのシンプルなライブに

いたくいたく感動したのを、昨日のことのように覚えてる。

 

「今の演奏聴いて思い出しました。

 私がボサノバ好きになったのって、あの時
 タカオさんとワカヤンのライブを観たからだって」

 

音楽には全く疎い私が、ボサノバのCDばかり買いあさるようになったのは

濃密な離島生活を終えて、それまで眠っていた体中の細胞が
目まぐるしく生まれ変わり、新しい自分を構築している最中に

二人のライブが流れ込んで
染み渡っていったからだと腑に落ちた。

 

 

 

その日はタカオさんと、夜中の3時までお喋りしたよ。

 

すっかり気持ちが、15年前に戻ったみたい。

 

 

気持ちがすっかり停滞して、死んだように生きてた私が
沖縄に来て、色んな体験をして、再生したのを思い出した。

 

昨日は奇しくも、父の三回目の命日

生前は毎日のように電話して、その日あったことを報告し合っていた
あの父に会えないという事実は、未だに私の中で大きな孤独感を生み

 

身寄りのない土地でひとりという事に
時おり、すごく怖くなることもあるけれど

 

 

 

大好きな両親を置いて、移住したのは
他でもない、私の意志だ。

 

沖縄でなきゃ、私は生きていけないと思ったからだ。

 

 

 

沖縄に住む幸せを、いま一度改めて噛みしめて
一日一日を大切に、楽しく生きなきゃね。

 

 

 

=============================

LiveMusicBar Under Current(アンダーカレント)

住所 ● 沖縄県那覇市久茂地3-11-2(居酒屋山猫屋2F)
TEL ● 098-866-2288
OPEN ● 火・水・木 20:00~2:00/金・土 20:00~3:00
CLOSE ● 日・月
(2017年11月現在)

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 26