toggle
Blog
2016-12-28 | Blog

愛は取扱注意

沖縄はいつも『ハイキュー』の新刊発売が4~5日遅れるので
まだ出てないだろうなぁ・・・と思いつつCD屋に行ったら

 

出てました!SMAP PV集

『Clip! Smap!』

 

 

ここ数日、SMAPファンのブログを漁っては
一緒に泣いてたよ。

 

こういう時、腹立たしいのは別にべつに興味もない人

「よくわからないけど、本人たちが決めたことなら
応援するべきだと思いマス」

てな内容で綺麗に〆てるブログね。(不仲説なんかは言わずもがな)

 

 

ファンの人が2周も3周もまわって
絞りだした答えがこれなら共感するけど

 

時事ネタ取り上げれば、アクセスが伸びると思って
書いてるのがプンプンするような記事は

 

死臭に群がるハイエナか!ってくらい腹立つ。

 

 

 

 

私は自分が特別な思い入れを持っているわけでない
芸能人の不祥事や、解散や、卒業を
軽々しく自分のブログで取り上げようとは思わない。

 

その向こうに、すごく悲しんでいる
ファンの人たちがいるのがわかるから。

 

 

 

 

無理やり受け入れなくていいよ。

 

 

ずっとずっと泣いて悔やんでいたっていいよ。

 

 

 

ソロで頑張る彼らを応援するのは、それはそれとして

 

 

 

5人の、否

願わくば6人のSMAP
再結成を共に願い続けよう。
(それ以前に、まだ終わってないってば!)

 

●     ●     ●

 

さて、DVD観てたら無性に描きたくなったので、願掛けの意味も込めて
実に20年ぶりくらいに、恥を承知で中居さんを描いてみた。

 


(オタクオタク詐欺と言われないように。ガチオタですから)

 

 

キュートでコンパクト!! そして最っ高に漢前!!
情に厚くて、面倒見の良い、厳しくも優しいリーダー。

猫背でオヤジでガサツなんだけど、よく見るとスゴイ美形。

 


イケメンをカモフラージュして
なんのメリットが!?Σ(゚Д゚)

 


・・・・・・と思うんだけど、この擬態こそハマると抜けられない中居沼。
ほんっと、頭いいよね!!(溺れた人)

 

 

もう、私個人の願いとかどうでもいいので

 

 

中居さんの為に、

SMAPよ永遠であれ

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-12-27 | Blog, 沖縄婚活記

大事なのはタイミング

私の文章力に問題があるのか
アツシ人気が高まりつつある、今日この頃。

 

やっぱり、天然ちゃんてズルい。。

 


(山手にある教会。子供の頃、クリスマスにここでお芝居みたな~)

 

 

例のカレー事件の数日後
アツシさんからメールが来た。

 

『風邪で体中痛いし、声も出ないよ~』

 

正直、気持ちは冷めきってたので
めんどくさっと思いつつも、いつものクセで返信メール。

 

『かわいそ~』

 

すると返ってきたのが・・・

 

 

 

『だからこれからは、風邪ひいてる時は
俺を呼んじゃダメだよ』

 

 

 

 

はぁ!?Σ(゚Д゚)

 

 

 

 

 

私がキミの前で咳したのなんて
3週間前の初デートの時、一度きりなんですけど!?

 

ってゆーか、あの時の
「俺に流行さないでね」発言は、本気だったのか!!

 

 

 

「いったい、いつの話してんの? だいたいそれが
心配してる(してないけど)相手に言うセリフ?」

 

「あいにく俺の周りには
君以外に咳してる人はいないんだよ」

 

 

 

まだ言うか!?Σ(゚Д゚)

 

 

 

・・・ん?でも、これってチャンスかも。

 

 

 

はた、と思いついた。

 

アツシ君と3回デートする内に気づいたことは
数々の面白言動だけでなく

 

明らかに、危険信号ともとれる傾向があったのだ。

 

ケース①

カフェ店員の愛想が無かった。

「あの店員、俺にだけ感じ悪い。
nayaちゃんのこと狙ってんのかも」

 

 

ケース②

大家さんにご挨拶した。

「大家さんに睨まれた。
nayaちゃんに気があるのかも」

 

 

ケース③

近所のおじいちゃんとすれ違った。

「今の人、nayaちゃんのこと見てた。
気を付けないと・・・」

 

 

 

ないないないないない!!

 

怖い怖い怖い怖い怖い!!!

 

 

そんなクソモテる美魔女なら
男にフラれて、婚活がんばったりしてないから!!

 

 

 

 

もしかしてこの人、上手に別れなきゃ
ストーカー化しちゃうタイプ・・・・・・・!?Σ(゚Д゚)

 

 

 

 

 

だとしたら・・・・

 

 

 

 

 

弱ってて動けない、今がチャンスかも!!

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

【nayaの沖縄婚活紀】
スタートはこちら ⇒ ★★★

2016-12-26 | Blog

SMAPよ永遠に

 

スマスマが終わってしまった。

 

こんな悲しい番組の最終回は初めて。

 

 

 

 

今年は終始、SMAP解散報道に翻弄された一年だった。

 

   【2016-01-17 SMAP解散報道に思う】

   【2016-01-21 SMAP分裂回避の謝罪記者会見に思う】

 

 

 

芸能界に染まらないよう、頑なに素の自分を守っている姿が
危うげで、守ってあげたい気持ちになるのに

 

誰よりも華やかで、テレビの中でも、ステージの上でも
自然体で遊んでるようにも見えるSMAP。

 

 

 

歌もダンスも演技もルックスも、他の芸能人と違って
特別優れているかと聞かれたら、答えに困るけど

 

 

 

5人が集まった時に発動する、「SMAP」という名の異能力。

 

圧倒的な存在感。

 

まばゆいオーラ。

 

 

 

 

何があってもSMAPを見れば
日本はまだ大丈夫と思えるくらい

 

あの爆発的なスター性に鼓舞され

 

優しく健全な人間性に励まされてきた。

 

 

 

 

あんな奇跡のようなグループは
もう二度と現れないだろう。

 

 

今日はもう、オチもないし
上手いことも言えないよ。

 

 

 

 

 

願いは一つ。

 

 

 

 

 

SMAPよ永遠に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-12-25 | Blog, 沖縄婚活記

悪気が無いは、救いが無い

婚活パーティーで知り合ったアツシさんのリクエストにより
肉じゃがを作る私。

 

「肉じゃがが得意」という女に
男受け狙いのいやらしさを感じるのと同じように

 

「肉じゃが作って」という男には
女子力スキルを値踏みする、シビアさを感じるのは気のせいか?

 

 

俺は、試されている・・・!?

 

 

いささか緊張しながら、作ってみたけど
そもそも肉じゃがって、失敗する方が難しい料理。

 

これで私の女子力スキル、ちゃんと測れるんだろうか・・・

 


(ガーデニングショップかな? 可愛いすぎるエントランス)

 

 

ピンポーン

 

 

アツシさんだ!(いい加減デジャブ)

 

 

「いらっしゃい! ご飯できてるよ」

 

さっそくテーブルに肉じゃがをセッティング。

 

「食べて、食べて」

「いただきます」

 

 

ぱくっ、もぐもぐもぐ・・・

 

 

緊張の瞬間。

 

 

ぱくっ、もぐもぐもぐ・・・

 

 

評価はいかに?

 

 

ぱくっ、もぐもぐもぐ・・・

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

「ちょっと、美味しいの?美味しくないの?」

 

「うん?美味しいよ」

 

 

 

何も言わないのは、問題ないからってこと?
なんかこうさぁ、作ったことに対するねぎらいとかないわけ?

 

 

 

なんて、こんなことで一瞬でも、テンション下がった私は甘かった。


この後、彼がとった行動に比べたら!!

 

 

 

 

がちゃがちゃっ

 

 

 

 

突然、食べていた肉じゃがの皿を
キッチンに運ぶアツシ君。

 

 

肉じゃがを鍋に返して、火にかけ、、

 

 

取り出したるは、

前回のデートで残ったカレールー!?

 

 

 

 

「な・・・っ!!」

 

 

 

 

絶句。

 

 

 

 

あろう事か、まだ3口しか食べてない
彼女候補の作った肉じゃがに

 

カレールーを

ぶち込みよった!!Σ(゚Д゚)

 

 

 

 

あっけにとられる私を前に

 

肉じゃがカレーって美味しいよね」

 

と、にっこり。(悪気なし)

 

 

 

あげく、上から納豆までかけよって
ネバネバ、ズルズル、五感を逆撫でする不快感。

 

 

 

マジすげー。

 

すげーよアツシさん・・・

 

なんて面白物件なんだ。

 

 

 

これがマンガの登場人物だったら
逆に萌えちゃうほどの天然ちゃんだが

 

あいにくここは三次元。

 

 

 

 

なら最初から、

「カレーが食べたい」って

言えよー!(泣)

(そうだね。肉じゃがカレーが食べたかったんだもんね・・・)

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

【nayaの沖縄婚活紀】
スタートはこちら ⇒ ★★★

2016-12-24 | Blog, 沖縄婚活記

付き合う前に、別れを切り出す

世間はクリスマスイブだが知ったことか。

別れ話をぶっこんでやる!Σ(゚Д゚)

 


(山手にはこんな可愛い、小さな洋館もありました。カフェにしたらいいのに!)

 

 

沖縄婚活日記、最近のレギュラー・アツシくんが活躍しているせいで
キックボクサーの増倉 敦さんからこんなコメントを頂きました。


「全アツシの名誉の為に、敦がお詫びいたします。
申し訳ありませんでした。」

 

 

アツシ代表として謝罪キター!Σ(゚Д゚)

 


こちらこそごめんなさい!
この婚活レポートの登場人物は、全て偽名で表記しています。

 

全アツシ連盟の皆様、大変ご迷惑おかけしました!!

 


(真ん中が敦さん。 イケメンの名前として印象に残ってんだなぁ、きっと)

 

●     ●     ●

 

さて、二回目デートで私の作った手羽だいこんを食べずに
おもむろにカレーを作り出した、イケメンセレブのアツシ君。

 

 

あとあと、冷静に思い返しても

 

 

どーう考えてみても

 

 

人格に難ありとしか思えなくて、メールすることにした。

 

 

 

「私たち、合わないと思うので
お互い別の人を探しましょう」

 

 

 

送信。

 

 

 

Prrrrrrrrrrrr

 

 



電話!?

 

 

 

「nayaちゃん?俺だけど」

 

はわわ、やっぱ「お付き合い(仮)」とはいえ
メールでさよならできるほど、甘くはないか。

 

「どうしたの?何が合わないと思った?」

 

穏やかな口調のアツシさん。

 

「・・・・うー、やっぱり、手料理用意したのに
自分でカレー作って食べちゃうのは、無いかなって思った」

 

「それだけ?」

 

「それと、ウチのペッシを臭い臭い言われるのはストレス」


(ウチのペッシ)

 

「そっか・・・」

 

 

 

こうして、かれこれ20分近く電話で話していたら


さっきまで「ありえないっ!」って思ってたことが
自分の子供じみたワガママみたいな気分になってきた・・・

 

 

 

でも、もう決めたのー!!

 

 

 

「もう、なんでそんなこだわるの?
アツシさん、モテるタイプじゃん。

他にいくらでもいるでしょ!」

 

 

「他に、とか関係ないよ。何度会っても友達にもならない人もいるし
一度会っただけで、付き合いたいと思う人もいるよ」

 

 

あ、やだ。

 

 

「結婚を前提に付き合いたいと思ってる」

 

 

正直、グラッときた。

 

 

 

「うーーーーーー」

 

 

 

頑張れ俺!Σ(゚Д゚)

 

 

 

「それに、君といると楽しい」

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・落ちた。

 

 

 

 

「ね。」

 

「・・・・・・・」

 

 

 

 

 

「・・・・・・じゃあ、なに食べたい?」

 

「え?」

 

「次は、アツシさんが食べたいもの作る」

 

 

・・・負けました。(俺、弱ぇ・・・)

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

【nayaの沖縄婚活紀】
スタートはこちら ⇒ ★★★

2016-12-23 | Blog, 沖縄婚活記

二回目デートは私ごはん

『今日は私が、手羽だいこん作ります』

『いいね~』

 

朝からイチャイチャとメールのやりとり。

 

先週のデートでは、アツシさんお手製の
スパニッシュオムレツ頂いたので(セレクトもシャレオツだ~)

 

今日は、私の手料理を振る舞おうと
意気込んでいた。

 


(これまた横浜山手の建造物。気分はまるでヨーロッパ旅行)

 

 

ピンポーン

 

 

アツシさんだ!

 

もう「くさいっ!」とか言われないように
フロアマットに洗剤撒いて、タワシでこすったもんね。

 

「ごはん出来てるよ~。ほらっ」

 

手羽先とダイコンを炊いた、手羽だいこん
じゃーん!!

 

 

「うわぁ、

気持ちわるっ!!」

 

 

はあぁ!?

 

 

今なんつった?? え? え?

 

 

「俺、鶏皮苦手なんだよねー」

「じゃあなんで『いいね~』とかメールしたん?
それ作る前に言ってよ!」

「なんか、nayaちゃんがその気になってるのに
悪いな~と思って」

 

気遣いの方向、間違ってない?

 

 

「でも大丈夫。
俺、カレー作るから」

 

 

キッチン借りるね~と、手際よく料理し始めるアツシ。

 

私はもう、怒るよりなにより
こんな行動とる人間見たの初めてで、半ば呆然として

 

気付いたら一緒に、アツシカレーを食べていた・・・

 

 

 

誰にも喰われることなく放置された
私の哀れな手羽だいこんよ・・・

 

「なんで? nayaちゃん、手羽先食べればいいじゃん」

「だって、鶏皮気持ち悪いって人の前で
食べる訳にいかないでしょ」

 

 

「いいよ、食べなよ。

俺、我慢する」

 

 

にっこり微笑むアツシさん。

 

 

優しー・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・って、

 

 

 

 

 

 

 

思うワケあるかー!(怒)

(# ゚Д゚)(# ゚Д゚)(# ゚Д゚)

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

【nayaの沖縄婚活紀】
スタートはこちら ⇒ ★★★

2016-12-22 | Blog, 沖縄婚活記

初デートは彼氏ごはん

今夜は会社の望年会で飲み過ぎたけど
眠い目をこすりながら書いてます~

 

●     ●     ●

 

この日は、お付き合い(仮)を始めたばかりのアツシさんと、初めてのデート。
毎日マメにメールしあって、気分もすっかり盛り上がっていた。

 

だけど、台風が近づいていて
風が強い!!

 


(横浜山手の、ガイドブックには載っていない可愛い洋館)

 

 

天気は心配だけど、今日はどこへ連れて行ってくれるのかなぁ~

 

 

ピンポーン

 

 

アツシさんだ!

 

「いらっしゃーい」

 

「こんにちわ~

・・・!?

・・・臭いっ!!」

 

 

!?

 

 

「くさいこの部屋!
なに? なんのニオイ!?」

 

「あ・・・フェレットかなぁ。ウチのウーマクー・ペッシ・・・」

 

 

一応風呂にも入れたし、部屋もターボでガンガン空気清浄機回したけど
確かに、嗅ぎ慣れない人にはキツイかも・・・

 

 

だけどその後も、正体がわかってからも
アツシはことあるごとに「臭い臭い」と言い続け

 

私のイライラゲージは静かに高騰。

 

思ったことすぐ口にしちゃうとか
なんなの? そういう病気!?Σ(゚Д゚)

 

●     ●     ●

 

あげく私が、ちょっとむせたら

 

「風邪? 俺にうつさないでね」

 

 

はぁ!?

 

 

なんなの一体?
この人、宇宙人かなんか?Σ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)

 

 

 

後にして思えばこの頃から、すでに兆候は見え始めていたのだが
次に放たれたこのセリフで、一気に帳消しになってしまったのだ。

 

●     ●     ●

 

「天気悪いし、外行くのやめよ。
今日は僕が、ご飯作るね」

 

 

ひゃあっ!!

 

 

やだやだなんなの?カッコイイ!!
手料理振舞うイケメンて、モコミチか!!

 

そっか、宇宙人でも病気でもなく
モコミチだったのね! なら許す!!ヘ(゚∀゚*)ノ

 

 

彼が手際よく作ってくれた
こ洒落たスパニッシュオムレツに

 

先ほどまでの不安は吹飛んだ!

 

 

 

どーしよ私、すごい当たりをひいちゃったのかも~♪

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

【nayaの沖縄婚活紀】
スタートはこちら ⇒ ★★★

2016-12-21 | Blog, 沖縄婚活記

お付き合い(仮)

会場を後にして、ホテルのロビーに行くと
意中の男性が私を待っていた。

 

そーなの!!

 

みごとカップルになれました!

 

ぃやったー!!о(ж>▽<)y

 

 


(外国人向けのアパート(共同住宅)として建てられた『山手234番館』。こんなアパート住んでみたい!)

 

 

「おなかすいたね、何が食べたい?」

 

宜野湾で会社経営をしているアツシさんは、東京からの移住者。
3年前に永住を決めて、沖縄に拠点を移したんだって。

 

 

 

 

ここで私の結婚十か条

其の四
「沖縄が好きで
沖縄永住を約束できること」

 

 

 

 

沖縄永住は必須条件として

 

沖縄の悪口ばっか言ってる人や

沖縄好きでも、仕事もせずにふらふらして
住民票も移してないドミトリーピープル(※1)とは

同じナイチャーだと思われたくない。

 

 

※1・・・ドミトリーピープルとは?

目的もなく国際通り周辺の安宿に長期滞在して
退廃的な生活をしている輩を
『ドミトリーピーポー』と、nayaが勝手に名付けました。

住まわせてもらっているなら、その土地に税金を納めるべきだし
治安を悪化させるなんて、もってのほかだと思う。

 

 

その点、アツシさんは、たんと納税して
起業して、雇用も生んでんだから立派だわぁ

 

●     ●     ●

 

ディナーの席は、話も弾んでとっても楽しかった。
すっかりご馳走になっちゃって、ご機嫌ご機嫌ご満悦。

 

「前の彼氏とは、週にどれくらいの頻度で会ってたの?」

 

む?気になるのかね?そーかねそーかね。

 

「週3くらいかなぁ。
でもアツシさんは遠いんだもん、無理しなくて良いよ」

「いや、俺だって頑張れば週3くらい」

 

張り合ってる。可愛い。

 

 

 

食事して、私のアパートに送ってもらうまでのドライブの中で
私たちはお互いに、確かな手ごたえを感じていた。

 

大事なことは全部うやむやにして、最後の最後で私に
「私たち、付き合ってたのかな?」って聞かせてしまった
元カレの時とは大違いだ。(付き合ってたそうです。セーフ)

 

 

 

でも、もう間違えたくないから、、

 

 

 

「ねえねえ、提案なんだけど」

 

 

ずずいっと切り出した。

 

 

「3回デートしてから
付き合うかどうか決めよ」

 

 

 

限りある人生、一秒たりとも無駄にしたくはない。

 

 

 

かくして、アツシさんとのお付き合い(仮)が始まったのでした。

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

【nayaの沖縄婚活紀】
スタートはこちら ⇒ ★★★

2016-12-20 | Blog, 沖縄婚活記

先手必勝!

「私、貴方を選ぶから」

 

トークタイム2順目にして、指名宣告され
ちょっと面食らっているイケメン。

 


(山下公園に面した、重厚感のある『ホテルニューグランド』)

 

 

婚活パーティーは、まだ折り返し地点。
お目当ての人は、最後にこっそり紙に書いて提出するシステムだけど

 

 

んなもん、構ってられるか!Σ(゚Д゚)

 

 

てか、こんなん

印象に残ってなんぼだ!

 

 


(今年でちょうど、「横浜開港156周年」って・・・・・・きざむねー)

 

 

「貴方は誰を選んでも良いけど、私は貴方にするから。
今度、お食事にでも誘って♪」

 

と名刺を差し出すと

 

「ここでこういうの、いけないんじゃないの?」

 

と言いつつ、ニヤリ。

 

 

 

 

ああ、ワクワクする!!

 

こういう、自分から攻めてく感じ
むっちゃあがるなぁ~⤴⤴⤴
 
 
 
 
 
思えば元カレの時も、私の方から
「いっそ付き合っちゃう?」と誘ったのでした。
 
 
 
 
あれから、はや3年。
 
 
すっかり隠居じみた心持でいたけれど
久々に私の中の本能が呼び起こされたみたい。
 
 
 
 
 
 
セクシーでセレブな大人のオトコなんて
 
狩りの相手
もってこいじゃないですか!(≧▽≦)キャー‼
 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

2016-12-19 | Blog, 沖縄婚活記

婚活日記、再開!「攻める女」

『オキナワマルクト』の話を挟んで、ちょっと間が空いちゃいましたが
またまた沖縄婚活日記、始まります!!

 

40代オタク女子の恋愛成就なるか?Σ(゚Д゚)
(つーかまず、恋愛できるのか!?)

 


(再び画像は、ヨコハマ洋館群です。 前に広がる庭園も立派な『外交官の家』)

 

 

さて、意気揚々と向かうはその名も
『高収入男性限定婚活パーティー』

 

どうですかこの、清々しいほどに即物的なコンセプト!?

 

 

 

こんなとこにのこのこ来てしまう俺って一体・・・

 

とまるで、ananのモテコーデ特集をレジに持ってく時のような
後ろめたさを感じながら(いやそれ以上の背徳感)

パーティーは始まりました・・・・・・

 

 

 

 

結果は・・・

 

 

 

 

 

大当たり!!!ヘ(゚∀゚*)ノ

 

 

 

 

 

誰だぁ!? 金持ちの癖に結婚できないなんて

どんだけ変人変態だ?なんて言ってたのは!?(あ、私か)

 

 

ハッキリ言って、お金持ちだからゴマする訳じゃないけれど
みなさん身ぎれいで快活な、ナイスガイばかりだった。

 

 

 

話が簡単に弾む♪

 

頑張んなくても、普通に楽しい♪

 

 

 

でも、よくよく考えればそりゃそうか。
仕事で成功して結果を出すには、こうした社会性も必須スキルだもんね。

 

参加男性の職種は、公務員、医療関係
建築関係、会社経営者なんかが多かった。

 

年収1700万なんて人もいたよ!Σ(゚Д゚)
その人は投資関係だったかな。

 

 

 

 

 

どの人もみんな素敵だったけど
ひとり、わわっ!って思う人がいた。

 

なんていうか、フェロモン系?

 

「仕事で忙しくて、婚期が遅れました」みたいな
真面目そうな他の参加者さん達と違って

普通にナンパで、いくらでも女の子を調達できそうなタイプ。

 

 

 

 

すごく興味があったので
2巡目のトークタイムで、彼が私の前に座った時

 

勝負に出て、こう言った。

 

 

 

 

「私、貴方に決めました

 

 

 

 

 

さぁ、どーなるどーなる!?Σ(゚Д゚)

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

【nayaの沖縄婚活紀】
スタートはこちら ⇒ ★★★

1 2 3 4 5 6 7 8 24