toggle
2015-11-12

子ども達の未来

同僚のお子さんが心臓病になり、小児臓器移植を初めて身近に感じた記事
【美優ちゃんの命をつなぐ会】(2010年11月28日投稿)をアップしました。

01.猫の親子
糸満漁港のそばで見つけた猫の親子。

 

 

昨夜は、在りし日の父を思い
泣きながらブログを書きました。

 

あの素晴らしい人に、もう二度と会えないと思うと
本当に悲しく辛いけれど

寒い冬が近づくと、もう胸を押さえて苦しむ父を
心配しなくていいんだなと、少しほっとしたりもします。

 

それに、今まで死後の世界なんて信じていなかったけど
あの父が行くところなら、死んだ後に辿り着く先は

きっと良いところに違いないと、死を楽観視できるようにすらなりました。

 

 

 

でも、こどもは別。

 

 

 

可愛い甥っ子、姪っ子にもしものことがあったら
二度と心から笑える気がしないよ。

 

ペットも子供と一緒だと言う向きもあるけれど
こどものいない私にだってわかる

 

 

 

やっぱり、子どもに代わる何かなんてないんだということ。

 

 

 

たとえば今話題の戦争法。

 

もしこれを押し通すというなら、有事に戦地へ赴くのは
大人からでなくちゃいけない。

 

30~50代の男女から先に赤紙が届く。
そういう話なら、選挙や政治に無関心でなんかいられないでしょう。

 

 

 

ねぇ、こども達。

 

もしもきみのお父さんお母さんが、選挙の日に投票に行かないというのなら
きみの親が「こどもの幸せを願う」なんてのは口ばっかりで

 

いざとなったら、きみの命も未来も
簡単に国に明け渡すってことを意味しているんだよ。

 

 

 

 

今のこの国の体たらくは、なにも悪人ばかりのせいじゃない。

 

「めんどくさい」ってだけで、選挙に行かなかった
多くの怠惰が招いた結果。

 

 

 

怠惰が国を亡ぼすだなんて
ばかばかしすぎてジョークにもならないよ。

 

 

 

 

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA