toggle
2018-12-06

夢広がる金継教室

大事な骨董の器を、落として割ってしまったのでΣ(゚Д゚)
(帝国陸軍の食器。しかも、窯元から出たデットストック)

 

 

かねてより興味のあった、金継教室に行ってきました!

金継(きんつぎ)とは、割れた器を漆でくっつけ、
金粉をまぶしたりして飾る修復法。

 

骨董好きの私にとって、数々のコレクションは
高価なモノでないとはいえ、いわば歴史の一時預かり

割れた、欠けたで捨てて良いモノではないのです。

 

その点、沖縄は漆器文化の盛んなお国柄。

漆の扱いに長けた職人さんから、
直々にご教授いただけるチャンス!!

 

国際通り沿いにある『てんぶす館』2F
『那覇市伝統工芸館』へ、割れた丼と茶碗をもって

レッツゴー!(/*´∀`)o要予約)

 

 

 

教えてくれるのは、カルチャーセンターの先生とかでなく、
現役の漆器職人さん・・・・・・というので

職人気質の気難しいオッサンが出て来たら、
どうしようかと思ったけど

とっても優しいおじいちゃんで、一安心。

 

 

うっすらとだけど、大きなひびが入った茶碗には

ガソリンで薄めた漆を染み込ませ

 

パッカリ無残に割れた丼は
割れ口をサンドペーパーで慣らしてから、漆を塗って
それを拭き取る下地作り。

 

 

「後は数日かけてしっかり乾かすから
今日で切る作業はこれまで~」

 

と、おじいちゃん先生に言われて、ビックリ!?Σ(゚Д゚)

 

「ええッ!?教室の時間、2時間ですよね!?
まだ1時間も経ってないですよ!?」

「でも乾かないと次に進めないさ~」

「うっそ!?
じゃあ、もっと沢山持って来れば良かったぁ!」

 

くやしがる私に、先生。

「来週もっと持って来れば良いさ~」

 

 

 

 

そっか!!Σ(゚Д゚)

 

 

 

 

奇しくも今週末は、骨董・雑貨・食のイベント


『オキナワマルクト』!!

 

 

今までだったら敬遠してた、
欠けた、ひび割れた陶磁器を買い込んで

己が手で修復して生き返らせ、
コレクションに迎えるチャンスかも!?

 

 

なんだか夢が広がるな~!!

 

(金継の次の工程は来週までお預け~)

 

 

 

関連記事

コメント2件

 うめこ | 2018.12.14 9:57

今度は何に手を出したの…。
まぁ細々した作業が好きなのは分かるけど、ジグソーパズルがキラいというか、苦手なので、この手はなかなか手は出さない部類だね。
なかなか、沖縄気質な教室であるから、nayaには合ってるのかも。
今度割れた茶碗が送りつけられたら、修理よろしく。

 naya | 2018.12.17 21:13

うめこ、金継楽しいよ!
これからはお気に入りの器が壊れても
「やった!金継できる!!」ってなりそう~❤

Comment





Comment



CAPTCHA