toggle
2016-12-07

時には反省、婚活日記

前回のブログの大沢たかお似の彼。
年齢は27才でした。

 

ここでもう一度、婚活十か条


其の壱
「対象年齢、下は産めない年の差まで」


16才の時に産んで里子に出した息子と、婚活パーティーで再開
・・・とか妙な妄想繰り広げないようにネ。

 

%e3%81%88%e3%81%ae%e3%81%8d%e9%82%b8
(この物凄く可愛らしい外観は、『えのき亭』。山の手の洋館街に佇む素敵なカフェです)

 

 

ここで改めて、婚活について考える。

 

単なる人気投票じゃないんだから
顔が好みとか、話があうとか、それだけじゃなくて

 

長く一緒に居られる人かどうかって事を
念頭に置いて、見極めなくちゃいけないんだよな。

 

 

 

当たり前の事なんだけど、なんか忘れてたかも。

 

 

 

と言うより今まで、恋愛以外の感覚でパートナーを探したことが無くて
相手の年収や家族構成、職業などなど

「直感(一目惚れなど)」以外のスペックで選ぶのは
「打算」に思えて、あえて見ないようにしてた所があったんだ。

 

 

 

それと良い男に会うと、テンパっちゃって
冷静な判断が出来ないというのも敗因の一つ。

照れ隠しで、お母ちゃんキャラや
アドバイザーキャラをかぶって、試合放棄しちゃうのも悪い癖だ。

 

 

 

自分をちゃかしたり、対象外に見られたがったりせずに
いつでもベストな状態で、自分を表現できる女にならないと。

 

 

 

こうして振り返ると、反省点がいくつも・・・

 

 

 

私はやっぱり、幼い。

年だけ取ってて、人間的に成長していない。

 

 

 

そう考えると婚活って、自己表現
判断力を養う格好の場と言えなくもないな。

 

 

 

うむ。だな。

 

 

 

なんかちょっと、男漁り的なやましさが薄れて来たぞ。

 

 

 

人生経験社会勉強みたいで

い~んじゃな~い!!??

 

 

 

反省していたはずが、最終的には都合の良い建前を得て
なんかまた、俄然やる気になってきた!!

 

 

%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%83%ac
(えのき亭で食べたクレームブリュレ。アイスでかー!)

 

 

次はもっと、違った感じの
楽しいパーティーに参加してみたいな~

 

そんな時、インターネットで目に留まったのが

 

 

「オトナ婚」

 

 

お酒を飲みながら、グループでワイワイ楽しむ
カジュアルな婚活パーティーですってよ!!

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

【nayaの沖縄婚活紀】
スタートはこちら ⇒ ★★★

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA