toggle
2016-12-08

婚活パーティーの落とし穴

夜の国際通りなんて、何ヶ月ぶりだろう!?
仕事を終えた私はタクシーで、本日の婚活会場に乗りつけたよ!

 


(横浜の洋館は、中を見学できるところも多い。これは『エリスマン邸』の素敵なテーブルセッティング)

 

 

会場はいわゆる相席居酒屋。

 

女性グループ、男性グループで来店し、店側が人数、年齢、雰囲気などを見て
グループ同士を相席させるシステムなんだって。

 

テレビで見たことあったけど、沖縄にもあったんだねぇ!

 

ちなみに飲み放題で、女性は無料
男性は10分500円らしいんだけど

今回は「オトナ婚」という名の婚活イベントなので、うろ覚えだけど
女性も確か参加費が2500円、男性は4000円くらいだったと思う。

 

●     ●     ●

 

国際通りに面した土産物屋の上に、その店はあった。
薄暗いけど胡散臭い感じは無くて、ライブハウスみたいな雰囲気。

ロンブーの亮くんみたいな黒服さんにイベント会場を尋ねると
長い廊下の突き当りだと教えてくれた。

 

そこは会場であるラウンジの入り口で、ロンブー敦似の店員さんが
「いらっしゃいませ」と出迎え、先に参加費の支払いを済ませると
システムの簡単な説明をされて、テーブルに案内された。

 

ラウンジは綺麗で、雰囲気の良いバーみたいだし
食事はビュッフェ形式の食べ放題、飲み放題。

 

私は遅れて入ったので、店内はほぼ満席だった。

 

 

 

 

私が案内されたテーブルにもすでに女の子の二人連れが一組と
その他に男子1名、女子1名の、計4名。

 

二人連れがべったりくっついて喋ってるので
残った二人がモジモジしてる。

 

 

 

キタコレー!!Σ(゚Д゚)

 

 

 

こういう場こそ、nayaが最も得意とする場面なのだ。
なんせ会社の定例会議すら、盛上げようとする女。

 

 

 

「おーまーたーせーっ!!

遅くなってごめんね!
まった?まった?まった?」

 

待ってねっつの。お前のこと知らんっつの。
なんて反射的にツッコめる子なんて当然いなくて

 

 

みんな、ぽかーん (;゚д゚)

 

 

「ささっ、自己紹介!自己紹介しよ!!
まずその前に、カンパーイ!!!

ビール、うめ~っ!!!」

 

 

 

謎のスイッチ入った俺は、持ち前の馴れ馴れしさと
場違いと場慣れのフュージョンで

このテーブルのメンバーをリラックスさせ、楽しませることに心血を注いだ。

 

 

 

すると、初めはシャイだが、もともとお祭り好きのウチナンチュ。

すぐにノッて来てくれて、最初から
友達同士で来たグループみたいに、すごく仲良しになれたよ。

 

 

 

「nayaさんが来てくれてよかった」

 

と、一人参加のエイミちゃんに、目をウルウルさせて言われた日にゃ

 

「遅れて来てゴメン
寂しい思いさせたね」

 

なんてイケメンなセリフまで飛び出すこの、意味不明な責任感!?

 

 

 

こうしてキャッキャ、キャッキャと盛り上がり
すごーく楽しいイベントになりました・・・

 


(シンプルで素敵なエリスマン邸は、えのき亭の目の前にあります)

 

 

 

 

 

・・・・・んだけ、

 

 

 

 

 

・・・・ど・・・

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

・・・・・数時間後、なぜか別の店で女子会してる我ら。

 

 

「やっぱ、女子だけだと気が楽~!」

「最後のグループの人に二次会誘われちゃったから
まいて逃げるの大変だったね」

 

 

 

いや、いやいやいや

 

違うだろ、おまいら!!Σ(゚Д゚)

 

 

 


婚活に来て、
女子でつるんでどーすんねん!?

 

 

 

 

これぞ、女子の陥りがちな罠・・・!

 

 

 

どーしてこうなった!?

Σ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

【nayaの沖縄婚活紀】
スタートはこちら ⇒ ★★★

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA