toggle
2015-11-03

沖縄が地元愛を呼び起こす

地元横浜に里帰りした日のことを記した
【東京生まれの横浜育ち】(2010年10月4日投稿)をアップしました!

01.仔猫
糸満で見かけた仔猫、すごく可愛いけど触れなかった。
むかし道端の仔猫を抱いて、ノミを持ち帰ったせいで、ペッシがしばらくノミに苦しめられたことがあって
それ以来ペッシに申し訳なくて、猫は触れてない。

 

 

沖縄に住んでいて、本当に羨ましいのは

みんなすごく地元意識が強くて、模合とか同窓会とか
しょっちゅう集まりがあるってこと。

 

ハーリーヤエイサーなど地域のお祭りに、子どもたちが青年会として参加し
中心となって盛り上げてるのが大きいんだろうけど

それにしたって、社会人になっても学生時代の友達と
「模合(もあい)」と称して、月イチで会ってるのとかってスゴイ。
(模合について、こちらのブログで詳しく説明されてます⇒★)

 

 

私も学生時代は楽しかったけど
卒業後は、やっぱりそれぞれ、そこそこ疎遠になっていった………。

 

 

それが変わったのは、私が沖縄に移住してからだった。

 

●     ●     ●

 

「naya、今年は帰ってくるの?」

「来るんなら連絡して」

「みんなに声かけるね」

 

 

なんでだろ

 

 

近くにいて、いつでも会えると思うと会わないのに

たまにしか帰ってこないとなると、みんなで集まって
ちょっとしたパーティーみたいになる。

 

 

数年前からは、お世話になった高校時代の
先生たちまで顔を出すようになって

まさに同窓会!!∑(゚Д゚)

 

 

私の帰郷が、みんなの集う良いキッカケになってるようで
こういうのって、すごく嬉しい!!

 

 

 

なんとなくね、私が移住したのが他の県なら
こうはならなかった気がするんだ。

 

 

 

「沖縄帰り」っていう
南国の楽園的な響きが、人を集めちゃうんじゃないかなぁ。

 

 

 

意識するしないにかかわらず、やっぱり多くの人が
「沖縄」って言葉に反応して、一気に楽しい気分に浸れるんじゃないかと思う。

 

 

 

日本中探しても、こんな土地
他にあると思えない。

 

 

 

そして私自身も、海を隔てたこんな遠くに根を下ろしたもんだから
そして日頃、沖縄県民たちの熱すぎる地元愛に当てられてるもんだから

 


それまでは感じたこともない、地元愛やら地元意識
ふつふつと湧き上がるのを感じている。

 

 

沖縄が、わたしに地元横浜の良さを
改めて教えてくれたと言っても過言ではない。

 

 

 

沖縄から得るもの、学ぶものは本当に計り知れないよ。

 

 

 

 

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA