toggle
2010-08-08

飴色の時間(浦添市牧港・シュシュ)

いくつものビーズをあしらった、ペンダントライトから零れる優しい光。

01.シュシュ①

 

『ティーカラーズ』高井さんに誘われて参加した
初めてのイベント『第5回 クラフト&雑貨フェスタ』


そこで名刺を渡されたのがはじまりでした。

 

●     ●     ●

 

当時、私のような雑貨好きの間でバイブルのような存在だった
『インテリアと雑貨100』

県内の人気カフェ100軒を掲載した『カフェ100』の姉妹版で
いつもかばんに入れて持ち歩き、付箋をつけ
ボロボロになってもまだ愛読している……


その中の1頁に、見つけたお店の名前だったのでした。

 

●     ●     ●

 

雑貨『シュシュ』
chou chou ……… フランス語で「お気に入り」

02.シュシュのバレンシア① 
黄色い花の傍らにあるカゴは、nayaの『バレンシア』。

イベント終了後、さっそく日を改めて伺った浦添市牧港のお店は
まさにパリのブティックみたいな、素敵な大人の空間でした!!

 

ハンドメイドの小物やアクセサリー。


そして店内で大きなスペースを割く
シックでナチュラルな作家さんによる、一点もののお洋服。

03.シュシュ② 

オーナーの金城さんはそうとうの古モノ好きで
店内には本物のアンティークもどっさり!


自作のカゴをわざわざ古びた風合いにする私が、興奮しないわけがありません!!

こんな空間に、nayaのカゴが置かれたら……

04.シュシュのオリーブとベリー 
棚の上に並ぶ『オリーブ』と『ベリー』。

それこそイメージは、クリニャンクールの蚤の市

05.シュシュのバレンシア② 
中央に『バレンシア』。

委託のお話を、一にも二にもなくお受けしたのでした。

 

●     ●     ●

 

その後はシュシュさんに触発されて、読谷の『インディゴ』
那覇の『ちはや書房』、果ては、おじいの集まる骨董市まで手を広げ

アンティーク(というか古民具)にどっぷりハマる始末。

06.シュシュ③ 

金城さんのご主人もお勤めの傍ら手仕事をしていて
ご夫婦で作る銅管を使ったアートはお店の看板商品です。

結婚前のお二人の共通の趣味は雑貨屋めぐりだったとか。

 

一方nayaは、今日も沖縄を気ままな一人旅

どこかにまだ見ぬ素敵なお店が、オブジェのような流木
しびれるような絶景が、この道の先にあるような気がして

思うが侭に愛車を走らせるのです。

07.シュシュ④ 

 

 

 

=============================

chouchou(シュシュ)
住所 ● 沖縄県浦添市牧港1-8-1
TEL ● 098-874-6800
OPEN ● 12:00~18:00
CLOSE ● 水・木・祝日
(2015年10月現在)

 

 

 

 

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA