toggle
2015-10-05

南の島でカゴを編む③


南部の素敵なお店記事
【三姉妹のカフェ】(2010年6月29日投稿)をアップしました。

01.靴とペッシ①
玄関で見上げるペッシ。嫌な予感しかしない……

02.靴とペッシ②
予感的中!! やーめーれーっ!!!

 

 

ところで昨日、独自サイトに引越しして初のコメントが入ってて
ドキドキしながら開いたら、内容は
「知念は、具志頭の北東」という訂正コメ

 

んだよー!
テンション下がるわっ!∑(゚Д゚)

 

……と思ったら、前のブログから読んでくれてた猿さんだった!!

もぉ~猿さぁん、お手柔らかに頼むよぉ。
(猿さんとウメコは、nayaに厳しすぎるぜ)

 

でも、私は知っている……。猿さん、
自分とこのブログで、むっちゃウチのこと褒めてた!

いっしっし~♪ 知ってるよ~ 知っちゃってるよ~~~
けっこう繰り返し紹介してくれてる。いつもありがとうございまーす!!

 

●     ●     ●

 

そして話は戻って、カゴ編み教室初日

私の他に3~4名の生徒さん達が、めいめい作りかけのカゴを取り出して
先生に分からないところを聞きながら製作を進めていくスタイル。

 

ある生徒さんが「先生、次はこのカゴを作ってみたいんですけど」と
教室にある本のページを指さすと

先生が即座に、手順や編み方のコツを教えていくのは流石!

 

なるほど、雑誌の切り抜きとか持ってきても対応してくれそう。ムフフ。

 

 

「えっと先生、私は……」

 

「アナタはコレ」

 

 

 

え?

 

 

 

渡されたのは、一本の籐(とう)。

 

 

 

「今日は、乱れ編みの毬(まり)を作ります」

 

 

 

 

……………ま・り?

 

 

 

 

いや、日常生活で、籐のまりとか使わんし。

 

 

 

が、ここは我慢。我慢して…

 

 

 

「ま、まり、良いっすねー!やったー♪」

 

 

 

次回、次回からが本番だ…

 

●     ●     ●

 

そして翌週、今度こそ雅姫がこ洒落た感じで下げている
野イチゴでも摘んじゃいそうな、可愛いカゴを作るんだと意気込んで向かった教室。

 

「せんせー、せんせー。
今日はこう、持ち手の付いた手提げみたいなカゴを作りたいんですー」

 

ところが先生が出してきたのは、昭和な感じの飾りカゴ。

 

「今日は果物カゴを作るわよ」


いや、果物カゴとか使いませんし。


「今日はこのカゴ、次回はトレイ。その次は……」

 

と先生が広げた初心者用スケジュールは、先の先まで埋まってて
…それが、なんというかその……

 

 

先生の好み私の好み

ちがうんですー!」

 

 

……とはもちろん言えるはずもなく、この日も釈然としない思いで
果物カゴなるものを、渋々作らされたのでした。

 

●     ●     ●

 

そして、今日が3回目のカゴ編み教室。

 

今日こそは!言うぞ!!

 

意気込んで向かった、カゴ教室。
たまたまその日は、私だけでした。

 

 

「先生、お話があります!」

 

 

先生の前に、5~6冊の本を差し出した。

 

 

「私が作りたいのは、こういうのとか、こういうのとか
こういうカゴなんです!!」

 

「ものにはまず、順序があるの。まずは技術が大事。
私の言う通りに進めていけば、一通りのモノは作れるようになるから」

 

「私はいろんな技術はいらないんです。
基本的な少ない技法でできる
シンプルなカゴが欲しいんです!!」

 

 

生意気言ってるのは分かってる。

 

先生が正しい、それは絶対。

 

 

でも、私の頭の中には、欲しいカゴのビジョンがハッキリあって
それは本当にシンプルで素朴なカゴ。

 

自分にブレない確かなものがあれば、他の作品を見ても
テクニックを身に着けても、ブレることなく自分が作りたいものを作れるんだろうけど

 

私はきっと色んな技を身に着けたら
全部盛り込んだ、ダサダサなものを作ってしまう自信がある!(どんな自信?)

 

色んな作品を見たら
何が作りたかったのか見失っちゃう自信がある!(だからどんな自信よ)

 

先生の言われるがままに課題をこなしていたら
1年後には謎のオブジェを作っている自信があるよ!(こらー!)

 

 

 

 

強情な私を説得しようとする先生。

譲らない私。

 

 

 

10分、15分、20分と話し合う内に、とうとう先生が折れた。

 

 

 

「もう……好きにしなさい!」

 

「………え? あ、、やったー!!!」

 

 

 

いやぁ、ワガママも言ってみるもんだ!!

こんな我の強い生徒は初めてだったでしょう、申し訳ありません先生!!

 

 

「じゃあそうと決まったら先生
さっそくこんなカゴが作りたいんですけど…!」

 

 

貴重なレッスン時間、1秒たりとも無駄にはできませんっ

 

 

 

(つづく)

=============================

猿のブログ
猿さんのblog ● http://ameblo.jp/ryukyu1956/
※大人の男性目線の沖縄移住ブログ。猿さんチョイスのカフェ、本、ブログ、かなり参考になります。
いつも美味そうなもの食ってるイメージ…

(2015年10月現在)

 

■ 南の島でカゴを編む①
(籐カゴ編みがひらめいた!)

■ 南の島でカゴを編む②
(籐カゴ教室『スタジオゆい』)

■南の島でカゴを編む③
(南の魔女と対決!)

■南の島でカゴを編む④
(先生って実はスゴイ人?)

■南の島でカゴを編む⑤
(雑貨ショップ『ティーカラーズ』にて、その後を変える出来事が…!)

■南の島でカゴを編む⑥
(南の魔女との再会)

 

 

 

 

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA